心安らぐ、お家での過ごし方

自宅での時間が長い今。少しでも身体を快適に、心が安らげる過ごし方ができれば…。そんな思いを込めて、エンベロープスタッフおすすめの家時間とアイテムをご紹介します。

- 着心地のいいインナーで過ごす時間 -

「家に帰ったらまずブラジャーを外すほど、あの締め付け感が苦手な私。でもCOCOONA SKINWEAR(コクーナスキンウェア)は、つけたまた眠れそうなほどやさしく寄り添うようなつけ心地なんです。

『今日は家で気張らずに過ごそう』というときに選ぶのは、ブラジャーボクサーパンツの組み合わせ。シルクはお出掛けの日のイメージがあるかもしれませんが、コクーナは家でのくつろぎ時間にもぴったりです」

「出産の入院時、前開きのパジャマを用意してくださいといわれ購入したのが「シャンブレーロングシャツ」。出産後の今もルームウェアとして活躍してます。

167㎝の私でもゆったりと着られる着心地のよさ、リネンならではのさらっとした肌ざわりで快適です。そしてパジャマでありながらきちんと見せてくれるので、一日着ていても罪悪感がない。突然の来客にも慌てずにすみます」



- 手づくりで過ごす時間 -

「いつも家で過ごすときには、音楽を聴きながら、映画を観ながら…の『ながら編みもの』が常。でも時間に少し余裕のある今なら、ちょっと腰を落ち着けて新しいクラフトに挑戦してみようと、マクラメをはじめました。

まず取り組んでいるのが、松田沙和さんの本を見ながらつくる、初心者向きのブレスレット。一つ一つ結び目を本で確認しながら、無心で結ぶ作業はとても新鮮です」




- お茶でほっとひといきの時間 -

「カップを掌で包みながら、OXYMORONのスパイシーなチャイを飲むとほっとします。いつもは噴きこぼしてしまうのですが、改めてちゃんと淹れたらこれがよかったんです。

ミルクパンの中に漂う茶葉とスパイスがきれいだなって見つめながら、牛乳を加えてふつふつって沸きあげた瞬間に火を止める。実際どう淹れてもOXYMORONのチャイはおいしいのですが(笑)、こうやって待つって豊かな時間だなって思いました」


200403