Envelope Select|[susuri]ミュウドレス2020AW

小鳥たちが彩るドレス

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、秋冬のコーディネートを印象深く装う、美しいドレスをご紹介します。

■どんな仕草も女性らしく

2020SSから登場したミュウドレスはどことなく可憐な印象を与えるワンピース。2020AWでは、小鳥たちがプリントされたコットンシルクの生地でつくられています。▲モデル身長159cm、スカート部分裏地つき

ふんわりと膨らんだ袖や少しハイウエストの位置に入った切り替え。どこを切り取っても絵になります。どんな仕草にも女性らしさが宿るよう。

■細部まで美しいディテール

フロントには、スクエアの切り替えがいくつも入っています。秋の豊かな実りを表すかのような細い葉の柄が、無造作に胸元を彩ります。袖はふっくらバルーンのような形。リボンで絞り具合を調節できます。後ろ下がりの袖は、腕のシルエットを程よく隠してくれます。うしろは大胆にV字にカットされていて、どこか都会的な印象。3つのボタンがアクセントになっています。特別なシーンにも着たい上品さが漂います。
両側にポケット付きです。

■オリジナルプリントのコットンシルク生地

秋の穂に小鳥たちが佇む印象的な柄はsusuriオリジナルのプリント。イエローとゴールドの間のような上品な色は、秋冬の装いにぐっと馴染むカラーです。
かわいらしい小鳥柄でありながら、落ち着いたノスタルジックな印象です。若干とろみのある生地で落ち感があるから、可愛らしいシルエットだけど女性らしい印象になります。一枚で着るのはもちろん、インにセーターを着たり重ね着も楽しめます。あたたかいセーターを上から着てスカートとして楽しむのもおすすめです。ポエータハイネックセーター マッチャに合わせて

■2020AW ”REANIMATION”

デザイナーの齋藤龍也さんが、ポルトガルを旅したときに出合ったJoan Jonas の展覧会からインスパイアされた今回のコレクション。

「素直で飾らず、チャーミングで美しい、少しぎこちなくて少し不気味な世界に触れたその瞬間に、 心を奪われました」「彼女の作品がもたらしたインパクトから、”日々の旅”をテーマに掲げて歩んできたこれまでを再度見つめました。

大切に考えてきたこと、つまり、密やかであることや心地のよい裏切りなど精神の部分と、 過去や固定のテイストからの掘り起こし、 丸みと直線の共存や前後の印象の違いにユーモアや意外性を加えるディティールなどカタチづくりの部分。

それらを整理し、今の気分とこれから示していきたい価値観を重ねました。これまでと、これから。静かに強く再び動き出すための、内側を素直に表したシーズンです」

関連記事

《つくり手ファイル》服を着て始まる、自分だけのストーリー/susuri齋藤龍也さん

SHOPPING MEMO

素材:綿88% 絹12%(裏地 綿70%、絹30%)
着丈 114cm、肩幅 34cm、身幅 49cm、袖丈 36cm、裾幅 132cm

※平置きでの実寸のため、多少の誤差がある場合があります。

配送・ラッピング