Envelope Select|[the last flower of the afternoon]黙された言葉 belted work dress

バックスタイルも印象的な、密やかな刺繍のワークドレス

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」より、たっぷりのタックとボタンが並んだ背中が印象的な、ワークドレスをご紹介します。
ブラウン SOLD OUT

■たっぷりのタックに大きなポケット

修道士が着用している作業着をモチーフにデザインされたワークドレス。ベルトのようなリボンに大きなポケット、背中や両脇にたっぷり入ったタックがクラシカルなデザインです。

▲ブラウン、モデル身長161cm

▲ブラック、モデル身長161cm

シンプルな胸元の切り替えに寄せられたタックが、広がりすぎず甘すぎない落ち着いた雰囲気のワンピース。

▲ウエストのリボンをキュッと結んでシルエットに変化をつけることも


ひざ下まである着丈のワンピースは、1枚着れば雰囲気のある着こなしが完成する頼れるアイテム。背中の切り替えの下にもたっぷりとタックが寄せられ、結んだリボンが女性らしい印象です。

リズムよく並んだボタンとブランドタグのステッチが背中のアクセントに。
ボタンは光によって見え方が変化します

タックに縫い付けられているリボンは、ゆるく結んでもずれる心配がありません。
袖口はthe last flower of the afternoonらしいデザイン。リボンを結ぶ工程すら美しい行為に感じさせてくれます。

▲リボンの付いた袖口とボタン

■自分だけが知っている秘密の刺繍

右のポケットにはこっそり、さりげなく刺繍作家 金井塚友美さんの刺繍が施されています。人からは気づかれにくいように、生地と同じ色の糸で入れられた、まるで秘密の刺繍のよう。

▲右のポケットに刺繍があります
▲光の加減で姿をあらわす刺繍

▲動きのある大胆なデザインのポケット

カラーはブラウンとブラック。どちらも寒い季節のコーディネートに取り入れやすいカラーです。

▲ブラウン

▲ブラック


オーガニックコットンのムラ糸とネップ糸を使用した生地に、特殊な起毛加工を施したヴィンテージ感のあるふっくらとした生地のワンピース。
▲梨の皮のような細かい凹凸のある生地

佇む日々のchemisetteと組み合わせたコーディネートもおすすめです。

▲ブラウンにベージュの 佇む日々のchemisetteを重ねて

▲ブラックにネイビーの 佇む日々のchemisetteを重ねて

同じ生地を使用した羽織にもなるシャツワンピース、gather shirt dressはこちら。


■衣服に物語を


北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」は、感情や表情、思考、人格が個人の中にいくつもあるように、ひとつのテイストに縛られず、その時々の想いを表現しています。



SHOPPING MEMO

素材:コットン100%
サイズ:着丈108cm、身幅83cm、肩幅46cm、裄丈80cm、袖口15cm

※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング