Envelope Select|[FREEMAN--B]チェスターニットコート

織や厚み、美しさを追求した、チェスターニットコート

試着するとスタッフそれぞれが似合い、素敵ね…と言い合うフリーマンの服。その人の上品な素顔を引き出し、自然体を包み込んでくれます。着る人を選ばないゆったりとしたサイズ感の「チェスターニットコート」は、真冬に心強い上質なあたたかさです。

細部にこだわり尽くした、カシミヤのチェスターコート

メンズライクな印象を持つチェスターコート。その凛とした表情をカシミヤで表現したニットコートです。

ニッティング技法を凝らし、袖をまくったときに見える裏面、襟部分の縫合の美しさを大切につくられています。

襟の凛々しさと上質なカシミヤが調和し、さらりと羽織る着こなしはもちろん、付属のベルトで前を閉じて着ても素敵です。


▲色:ベージュ モデル身長:155cm



▲ぎゅっと詰まった目。風を通しにくくなるように厚みと織の詰め具合にも注力されています▲美しい編み地



■カラーは3色展開。リラックスできる、ゆったりとした着心地


色はカシミヤの原毛のまま(ローカシミヤ)のベージュとブラウン。わたの状態で染める(トップダイ)のチャコールの3色。

11月から3月まで着られるあたたかさと、着る人を選ばないゆったりとしたサイズ感が魅力です。3色をそれぞれのモデルが着るとこんな感じです。

▲ベージュ
▲ブラウン▲モデル身長:168cm

▲チャコール

▲モデル身長:162㎝
▲ベージュ、ブラウン、チャコール


モンゴルの遊牧民が育てたカシミヤ山羊

FREEMAN--Bのカシミヤは、モンゴルの遊牧民が大切に育てているカシミヤ山羊たちの毛を使っています。

ミネラルの豊富な土地の草を食べているので、人工的に手を加えなくても、あたたかく柔らかい毛になります。フリーマンは、原毛の仕入れから、紡績、縮絨、ニットに編み上げるまで、全て見える工程で、一貫して行っています。


▲ブランドタグもカシミヤ100%で編んでいます

「FREEMAN--B」フリーマンという名の由来は、とらわれない、自由、心地良いという意味からFreeとManを組み合わせています。

地球環境に目を向け、流行にとらわれず自分らしいこと。そんな選択をする人々のために、フリーマンは服をつくります。


■関連記事

肌寒いこれからの季節に。FREEMAN—Bのコート、身長別3名のスタッフが着てみました


《つくり手ファイル》深い結びつきが生む、あたたかなカシミヤのニット/FREEMAN--B 柿岡恵さん
コラム:インナーにカシミヤニットを!着方と洗い方、お教えします

 

SHOPPING MEMO


素材:カシミヤ100%(トップカシミヤ)
着丈 約101cm、身幅 約59cm、裾口幅 約59cm、肩幅 約55.5cm、袖丈 約45.5cm、袖幅 約21cm、袖口幅 約12cm、後ろ衿幅(最大) 約15cm、前重なり部分 約8cm、ベルト幅 約5.5cm、ベルト長さ 約170cm
重さ:900g

※石油系溶剤による弱いドライクリーニングをおすすめします。
※液温は30℃を限度とし、手洗いすることも可能です。日陰の平干しをおすすめします。
※塩素系及び酸素系漂白剤、タンブル乾燥は禁止です。
※底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げが可能です。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

FREEMAN--B 提供写真:17、18枚目

配送・ラッピング