Envelope Select|[the last flower of the afternoon]暮れゆく森 panier tiered skirt

ふわりと揺らめく裾が美しい、着回しも楽しめるスカート

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」。たっぷりギャザーのティアードスカートをご紹介します。通年着られる軽やかな素材でつくられ、着回しを楽しめるのが嬉しいスカートです。

blue SOLD OUT
black SOLD OUT

■たっぷりギャザーをまとう

動く度に余韻を残すような、たっぷりギャザーによる美しい裾のラインが印象的なティアードスカート。▲ブルー着用 モデル身長161cm▲後ろ姿もきれいです

フランスの伝統的な布地である「トワルドジュイ」をモチーフにした、薄手のコットン生地を使用しています。軽やかな生地なので、たっぷりのギャザーでも重さは感じません。クラシックな雰囲気の生地は、ニットやシャツなど何気ないトップスと合わせても印象的な装いをつくります。▲ブラック

ペチコートのようにも使えるアイテムですが、一枚でも心地よく着られるよう両脇にポケットがついているもの嬉しいポイントです。生地は透け感があるので、一枚で着る場合はインナーをご着用ください。ウエストはゴムで、内側に調整ができる紐がついています。

 

■分量を減らして見せても。重ね着も楽しいスカート

一枚で着るのも素敵ですが、前述したように上にワンピースやスカートを重ねる、ペチコート的な使い方もおすすめ。同じ生地を使っている暮れゆく森layerd dressとあわせると、一体感のあるコーディネートが完成します。
▲ブラック ボトムスのボリューム感がアップし、より印象的に

月暈のprayer slit dressなど単色のドレスと合わせ、ぐっと分量を減らしてみせるのもおすすめ。一枚で着るのとは全く印象が変わります。▲スリットからスカートが見えるのがまた素敵

ロングシャツ+ベストといった装いにも。裾のティアードがポイントとなりバランスよくコーディネートできます。▲シャツ:さざなむ夜classic long shirt、ベスト:晩き日のvest

温暖化の影響か、夏だけでなくはざまの時期の暑さも年々厳しくなっています。そんな環境を踏まえ、幅広いシーズンで着られることを目指しものづくりをするte last flower of the afternoon。

こちらに使われている薄手でドライなコットン生地は、暑い時期にはべたつくこともなく、寒い時期にはコーディネートにプラス1枚してももたつくこともありません。ぜひいろいろなコーディネートと合わせて、着こなしを楽しんでください。

■使いやすい2色のカラー

カラーはブルーとブラック。どちらも白地で、プリント柄の色がそれぞれ違います。
ブラックはシックな雰囲気。一方ブルーはトワルドジュイらしい、フレンチクラシックなムードが漂います。▲ブラック

繊細な柄なのでカラーが主張しすぎることもなく、装いとの馴染みもよいです。

▲ブルー

■衣服に物語を

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」は、感情や表情、思考、人格が個人の中にいくつもあるように、ひとつのテイストに縛られず、その時々の想いを表現しています。

 ●写真提供:the last flower of the afternoon(19枚目)

SHOPPING MEMO

素材:コットン 100%
サイズ:スカート丈  90cm、 ウエスト 68 - 110cm、 裾幅 170cm

※サイズは多少の誤差があることがあります。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。
※商品のタグにはラベンダーがふわりと香るサシェが付いています。

 

配送・ラッピング