Envelope Select|[kuroshiro works]ラタンポットマット

飾って使って、集めたくなるポットマット

札幌で活動するkuroshiro worksさんのラタンポットマット。珍しいオーバル型とくるくるとしたサークル型の2種類をご紹介します。飾って使って、たくさん集めたくなるポットマットです。

オーバルクロス(ナチュラル) SOLD OUT
オーバルクロス(ブラウン) SOLD OUT
サークルクロス(ナチュラル) SOLD OUT
サークルクロス(ブラウン) SOLD OUT

■何をおいても絵になるポットマット

耐久性のある籐はポットマットとして大活躍。お茶の時間が楽しみになります。机の上のちょこっとしたものを載せるだけで、特別感が出ます。どんな風に飾っても、とにかく絵になる優れものです。 ▲オーバル・ブラウンを立てかけて▲オーバル・ナチュラルを壁にかけて

 

■しなやかな籐が生み出す形

約3mmの籐を4本並べて編まれています。ロープワークをヒントにして生まれたオーバル型は和風な雰囲気にも見える不思議な形。サークル型は規則正しくくるくると。

■色は2種類

アンティークを思わせるブラウンと、さわやかなナチュラル。納得する色を出すのに、試行錯誤を繰り返してようやくたどり着いた色だそう。▲オーバル型 上:ブラウン、下:ナチュラル手づくりの一点物のため、個体差があります。▲:オーバル▲サークル

サークルは同じ形のミニマットもあります。ポットマットは約18cm×15cm、ミニマットは約16cm×13cmです。使用している籐の太さが異なるため、厚みが異なります。▲左:ミニマット、右:ポットマット(サークル)

※表裏について
表面が上になるように置くと安定します。裏表を確認してご使用ください。▲カット部が見えているのが裏面です

■自然豊かな地で編まれる、籐のかご

北海道札幌市、自然豊かな地にて主に籐をつかったかごを編むkuroshiro worksの黒須さんは、暮らしを楽しくしてくれる作品をつくっています。「ナチュラルな風合いが暮らしに温かみを添えてくれる籐のかごにすっかり魅了された」と話す黒須さんの作品は、柔らかでやさしい空間をつくり出してくれます。

SHOPPING MEMO

素材:籐

《オーバル》サイズ:約24.5cm×17.5cm(個体差があります)
《サークル》サイズ:約18cm×15cm(個体差があります)

※変形する恐れがありますので、水洗いはご遠慮ください。
※乾燥が気になる場合はお手持ちのオイルなどでお手入れしてください。
※汚れがついたときは硬く絞った布でやさしく拭いてください。
※編み目にゴミや埃がついたときは、刷毛などで払ってお取りください。
※天然素材を使った手仕事品のためサイズに誤差がある場合がございます。ご了承ください。

※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

配送・ラッピング