Envelope Select|[宮本工芸]山ぶどうかご あじろ編みからみ手 小

使い込むほど柔らかく飴色に変化。憧れの山ぶどうかご

「憧れのかご」と言われることが多い、山ぶどうの樹皮からつくられたかご。

使い込むほどに味わいが増し、あけびかご以上に濃く、艶のある飴色に変化をしていきます。大切に使うと、何十年でも使えるものです。

あじろ編みからみ手 小 SOLD OUT

 

■100年使える、丈夫で美しいかご

かつては、農作業や山作業の運搬かごや、ロープや吊り橋の素材としても使用されていた山ぶどうの樹皮。とても丈夫で強度があるため、車も引っ張れるくらいの耐久性だそうです。

山ぶどうの樹皮が採れるのは、東北の山麗の奥深く、厳しい自然の中。宮本工芸では、その中でもきめが細かく良質なものを選定しています。いくつもの工程を経て職人の手でつくられる山ぶどうかごは、使い始めは少し硬くてもどんどんと艶が出て、柔らかくなめし革のような手触りになります。

山ぶどうの樹皮の採取量は年々減っているそうで、これからますます貴重なものになるかもしれません。一生もののかごとして、自分だけの山ぶどうかごを育ててみませんか。


▲宮本工芸のかごの持ち手部分は、持ち手の周りにさらにぐるぐると樹皮を巻き付ける「巻き手」になっているため、とても丈夫▲伝統的なあじろ編み





■青森の材料と、青森の職人の技術で

1949年に青森県弘前市で創業した宮本工芸では、蔓細工の職人がほとんどいなくなってしまった現在も、昔から伝わる技術を守りながら職人の手仕事によってかごを制作しています。

山奥深くに自生する山ぶどうは、自然素材のため一つとして同じものはないからこそ、職人の経験が活きてきます。

材料である山ぶどうもつくり手である職人も、時代の変化に伴い少なくなってきている現在。美しくて丈夫なかごは失われるには惜しく、何とか受け継いでいきたい手仕事です。

SHOPPING MEMO

サイズ:W27cm×D13cm×H21cm(取っ手まで35cm)

※あけびかごは天然素材で手づくりしているので、一つ一つ形が違います。
※自然のものですので色の違いやはがれ、多少の疵や割れがありますが、使用するには差し支えありません。
※画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

お手入れ方法
●ほこりが付いた場合は、小箒やたわしなどで目に沿って軽く払ってください。
●水に濡れた場合は風通しのよいところで陰干しをし、よく乾かして保管をお願いします。

配送・ラッピング