Envelope Select|[susuri]シロッコスカート

風を感じるメッシュ生地のロングスカート

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、和紙とコットン素材を織ったメッシュ生地のスカートが届きました。

■シンプルだけれど個性的

 薄いけれど、少し張りのある生地を使ったスカートはボリュームのあるシルエットが魅力。メッシュ生地に織られた生地は通気性がよく、透け感が大人っぽいアイテムです。

▲ブラック、[susuri]ヘルムスマンシャツ、モデル身長162cm

▲サンド、[susuri]ヘルムスマンシャツ

▲ヒールを合わせるとドレッシーな印象

ぺたんこ靴で少し少女っぽく

太めの繊維でゆったりと織られた生地は、さらりと心地よく、軽い着心地です。

▲メッシュ生地がとても涼しげ

 

揺れるプリーツはまとわりつかず、身体のラインが出にくいスカート。生地の質感とボリュームが、どこかメンズっぽい雰囲気です。

使いやすいゴム使用のウエスト部分には、バカンスなイメージのロープが。

▲ウエストにベルトホールがあります

▲好きな場所で結んでアクセントに

▲サンド

▲ブラック

▲左右にポケットがあります

 

■カラーは取り入れやすい2色

カラーは、さわやかな印象のサンドと、シャープな印象のブラック。

▲どちらも涼しげな空気をまとっています

 

スカートの膝下あたりまで裏地が付いているので、さらりと軽い着心地です。

▲軽い大きなプリーツ

▲サンドの裏地

▲ブラックの裏地

 

■セットアップでも楽しめるスカート

珍しい素材感の生地が、どんな素材のトップスにも合わせやすそうなスカート。同素材のトップスに合わせてセットアップでもお楽しみください。

▲同じ色の[susuri]ヘルムスマンシャツに合わせて

▲同じ色の[susuri]ヘルムスマンシャツに合わせて

同ブランドのポートタックブラウスに合わせて、どこかモードな印象に。

▲[susuri]ポートタックブラウスブラック着用

▲[susuri]ポートタックブラウスオフ着用

■2021SS ”REMEMEBRING”

これまでの日常が揺らぎ立ちすくむ日々の中で、デザイナーの斎藤龍也さんが見つめたのは「記憶」でした。流体の日々に起こる曖昧な気分の揺らぎを掬いたいとしてきたsusuriのかけらを思い出して、組み合わせて、とどまった今をそのまま表したシーズンです。

「価値観が大きく動いている今、服として何を提案していけるのかを模索し、これまでの記憶を消滅させることなく、たぐり寄せることにしました。記憶をなくしては何も想像ができないから」今回のコレクションでは、存在の消滅が理不尽に突然進行し、それを止める術を誰も持たない人々が住む閉ざされた世界を描いた小説『密やかな結晶(著:小川洋子)』をヒントにしたそう。

「大切にしていきたいと考えているこれまでの精神を基本に、モダンで緊張感のあるライン、ゆったりとしてエレガントなシルエット、見える位置によって生まれるギャップ、クラシカルな要素の現代への昇華など、今の気分のかたちつくりを探っていきました」「また、小説の舞台となる島や船のイメージからマリンの要素を散りばめ、バカンスの軽くて明るいリラックスした空気を取り入れました。加えて、記憶というテーマに沿って、過去につくったかたちや生地を思い起こし、違う組み合わせにして新たに提案しています」「静かに慎ましく強い黒を土台に、白やベージュ、ブルー、ネイビーなど海を感じる色を打ち出し、これまでに訪れた国の記憶やまだ見ぬ場所の想像から、イエローやパープル、ブラウンを差し込んでいます」


SHOPPING MEMO

素材: コットン50%、和紙50%

サイズ:ウエスト 35cm(平置き)、着丈92cm、裾幅95cm(平置き)

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング