Envelope Select|[the last flower of the afternoon]佇む日々のchemisette

上に重ねても中に着込んでも、アレンジ自在のシュミゼット

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」より、重ねてアレンジを楽しむ、やさしい光沢感のある生地のシャツベストが届きました。

■襟元に重ねて秋冬の装いに

春夏には透け感のある薄い生地でご紹介していた「chemisette」(シュミゼット)が、秋冬はやわらかな手触りの生地で登場です。

「chemisette」シュミゼットとは、薄手の生地でつくられた袖なしの短いブラウスのこと。襟のないトップスなどに重ねて襟元の印象を変えられるアイテムです。
▲ベージュ、羽織ったワンピースは11月15日掲載予定、パンツ[BUNON]Wide Belt Tuck Pants▲ネイビー、ワンピース 黙された言葉 belted work dress(11月15日掲載予定)、モデル身長162cm

ベストのようにワンピースの上から重ねるだけでいつもと違うワンピースの着こなしが楽しめます。

▲下に重ねたワンピース 黙された言葉 belted work dress(11月15日掲載予定)

後ろ姿も整えて見せてくれる、メリハリのあるタックと長すぎないコンパクトな着丈。

重ね着しやすいようにつまったバンドカラーの襟元は、きりりとした印象。胸元にはレトロな雰囲気のボタンが並びます。
前と後にあしらわれたタックが、シンプルなデザインに立体的なコントラストをつくります。背中のブランドタグのステッチを外せば前後どちらでも着用可能なアイテムに。

使っていくうちに表情を変えていく切りっぱなしの裾は、自分だけの変化が楽しめます。

前のボタンと左右のリボンで結ぶデザインのベスト。好きな幅で調節して結べるので、ボリュームのあるニットやワンピースにも重ねられます。
 

■秋冬におすすめの2つのカラー

「佇む日々のchemisette」は、やわらかいベージュの深いネイビーの2色。どちらも秋冬に取り入れやすい、温もりのあるカラーです。
▲左:ネイビー、右:ベージュ

両脇にはベルベットのような上品な質感のリボン。

やわらかく優しい光沢のある生地は、繊細に起毛させたふっくらとした手触りの綿を使用しています。
▲ベージュ

▲ネイビー

やわらかく重ねやすい厚みの生地は、中に着込んでも馴染みやすく上に重ねた服にひびきにくいアイテム。きっちりとした印象の襟元は少しボタンを開けても様になります。

上に重ねたり、中に重ねたりと、幅広い着こなしができるシュミゼット。いつものコーディネートにプラスしていつもと違う着こなしを楽しんでください。

■衣服に物語を

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」は、感情や表情、思考、人格が個人の中にいくつもあるように、ひとつのテイストに縛られず、その時々の想いを表現しています。

SHOPPING MEMO

素材:コットン100%
サイズ:着丈43cm、肩幅36cm


※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

 

配送・ラッピング