Envelope online shop

フリーダイヤル:0800-800-0925
携帯電話・PHSから:03-6432-7385(有料)

日本国外への送料がご注文時にわかるようになりました »
配送・送料についてはこちら »

トップページ  / Envelope Select / 掲載終了 / [atelier mado]ステンドグラスオーナメント A

Envelope SELECT | [atelier mado]ステンドグラスオーナメント A 曲線が美しいオーナメントA

en_weekly神戸に工房をもつatelier mado 山崎まどかさん。冬の窓辺を飾る、ハンドカットで切り出してつくるステンドグラスのオーナメントをご紹介します。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Pin it
  • Google+でシェア
SALE  → 
残りわずか
Sold out
注文数:

*価格は消費税込みの金額です

■貴重な結霜硝子のきらめき


atelier mado(アトリエ・マド)から、しんと張り詰めた氷のような、秋冬にぴったりのステンドグラスオーナメントが届きました。


霜が降りたような繊細な模様が美しい「結霜硝子」は、明治後期から昭和の初期に日本でつくられていた、今では手に入れることが出来ない貴重なガラス板です。

職人が手作業で一枚一枚すりガラス状にし、表面に塗った膠(ニカワ)が乾いて収縮する時に表面がはじけることによってできるのが、この美しい模様です。膠の量や放置しておく時間、環境によって模様の出方が変化するため、板によって模様の出方が異なります。


縁取りはきらきらと反射するシルバー。

(写真はイメージです)

■秋冬の窓辺にたたずむ


秋冬の静かな窓辺に。冷たい空気が気持ちよく感じるほど、しんと佇みます。

(写真提供:atelier mado)
暗いところでも陰影がきれいに浮かび上がります。

(写真提供:atelier mado)

■オリジナルの台紙に挟んでお届け


ひとつひとつ、atelier madoオリジナルの台紙に挟んでお届けします。

(写真はイメージです)

■つくり手atelier madoのこと



atelier mado(アトリエ・マド)は、神戸在住のステンドグラス作家|山崎まどかによるブランド。窓に嵌める建築パネル作品から小物まで、硝子の表情や特徴を生かし、いままでにない新しい感覚のステンドグラス作品を生みだしています。
《つくり手ファイル》日常を絵画のように切り取って/atelier mado 山﨑まどかさん


SHOPPING MEMO


ステンドグラスオーナメント A
モチーフ部分:縦 10cm × 横 6cm
※横の長さは一番広い箇所ではかっています。

[ 素材 ]
ガラス(鏡)・合金
[ お取扱いについて ]
・繊細なつくりの作品ですので、丁寧にお取扱いください。
・ブラシや金属製のもの、研磨剤、その他硬いものや薬品等では擦らないでください。
・鏡面の汚れが気になる時はやわらかい布でそっと拭いてください。縁の金属部分は決して力を加えて強く擦らないでください。
・上部の金具や紐の部分ではなく、オーナメント本体部分を持ってお取扱いください。金具部分に強度はありません。力を加えると折れる恐れがあります。
・汚れが付いた場合、綿製の肌着やTシャツ等ニット地の端切れで拭ってください。
・結霜硝子の厚みは製造された年代によって異なります。
・クラッケルのガラスの裏面には小さな突起がありますので、怪我などされないようにご注意ください。

※atelier madoの作品は手づくりのため、一点ずつ誤差がございます。あらかじめご了承ください。

こちらの商品は、お客様都合での返品・交換を承れません。 
配送・ラッピング
箱入りラッピング
簡単ラッピング
ネコポス 不可

カートに入れるボタンへ ▲