Envelope online shop

フリーダイヤル:0800-800-0925
携帯電話・PHSから:03-6432-7385(有料)

配送・送料についてはこちら »

KOHORO | 漆重箱<受注生産/4月末お届け> 山岸厚夫 お花見に運動会に 春につかう漆の重箱

サンドイッチやフルーツを詰めてピクニックへ。一足早く春の準備をしませんか?

山岸厚夫さんがつくる漆の重箱。あえて刷毛目を残し気張らずに使える作風が魅力です。色や段数が選べるので、1段でお弁当やお菓子の器にしても。お正月だけでなくお花見、運動会、お家での食事会、様々な場面で活躍してくれます。

ご注文期間:3月10日(日)15:00まで/お届け予定:4月下旬
こちらの商品は受注生産品です。ご注文からお届けまで、お時間をいただいております。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Pin it
  • Google+でシェア
SALE  → 
残りわずか
Sold out
SALE  → 
残りわずか
Sold out
SALE  → 
残りわずか
Sold out
SALE  → 
残りわずか
Sold out
SALE  → 
残りわずか
Sold out
SALE  → 
残りわずか
Sold out
注文数:

*価格は消費税込みの金額です

洋のおかずにもよく合います


和のイメージが強い漆の重箱ですが、洋のおかずにも合います。サンドイッチはぴったりと収まり、見たときにも華やかで皆の目を引きそうです。


色は根来と曙の2色


根来と曙の2色からお選び下さい。使っていくと根来塗りは朱漆が磨り減り黒の部分が多く、曙塗りは黒漆が磨り減り朱の部分が多くなっていきます。また漆は表情が明るく変化していきます。使うほどに変化していく表情もお楽しみ頂けます。

▲根来塗り

▲曙塗り

外側が根来の場合は内側の色を曙か根来、どちらかを選ぶことができます。外側が曙の場合は内側は曙のみとなります。



用途に合わせて段数が選べます


1段でお菓子やお料理の器として、お弁当やおせちには2段以上が心強いです。用途に合わせてお選びください。


色の組み合わせも楽しめます


全ての段の身をすべて同じ色、または違う2色にしたり、フタの色を身とは別の色にしたり・・・お色もお好みで遊ぶことができます。


漆器を日常に


山岸さんは普段の生活にもっと漆器を取り入れてほしい、とキズが目立ちにくい刷毛目を残す塗り方をしています。漆を何度も塗り重ねることで深みのある色になり、強度も増します。


▲山岸厚夫さんの息子さん。親子で制作されています。

使用後は柔らかいスポンジを使い、水またはぬるま湯で洗って下さい。油汚れが強い時は薄めの中性洗剤を。金属製カトラリーは傷がつきやすいので、木製のものをお使いください。

3月10日(日)までのご注文で4月末にお届け致します。

山岸さんの重箱はコラムでも特集しています。



SHOPPING MEMO



---受注生産品---
こちらの商品は受注生産品です。仕上がりまで数ヶ月お時間をいただきます。またお客様都合での返品・交換を承れません。

二子玉川店(*見本があります)、淀屋橋店でも受け付けております。

<サイズ>
身(1段): 15.2cm角×高さ(外寸)5.5cm×深さ(内寸)5cm

フタ : 15.2cm角×H6mm

<塗り>
曙(刷毛)、根来(刷毛)
yamagishi sikki

※お支払い方法は「クレジット決済」「銀行振り込み」「郵便振替」のいずれかをお選びください。代金引換払いは不可とさせて頂きます。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

カートに入れるボタンへ ▲