Envelope online shop

フリーダイヤル:0800-800-0925
携帯電話・PHSから:03-6432-7385(有料)

配送・送料についてはこちら »

トップページ  / Envelope Select / Bon Appetit / [Bon Appetit]田舎・郊外でお店、はじめました。

[Bon Appetit]田舎・郊外でお店、はじめました。

「田舎・郊外でお店、はじめました。」
― 都心からはなれて人気店をつくった14人に学ぶ、お店のはじめ方・続け方 ―

憧れだけじゃやっていけない!  
都心や駅前の好立地を選択せずにお客さんの心をつかんでいるお店にこそ、
学ぶべきヒントが隠されている。
田舎や郊外で開業した人気のお店を取材。開業までの歩み、
独自の取り組みや働き方、続けていくためのコツなど、
豊富な写真とともに紹介したハウツー本です。
巻末には、「田舎、郊外でお店をはじめるために、本当に知りたかったこと」の
Q&Aを掲載。田舎や郊外で開業を目指す方たちにとって心の支えとなる本です。
もくじ
1、 野菜ごはん+ギャラリーYUSAN
― 人生は一度きり。時間は有限だから、愉快で楽しいことに使いたい。
2、 ハナメガネ商会 
― 編集者から古本屋へ。仕事は本と人との新たな出会いの仲介役です。
3、 畑のコウボパン タロー屋 
― 酵母の延長線上にパンがあった。それが一生の仕事になりました。
4、 喫茶ソスイ 
― 店をはじめて、この街で豊かに暮らしていけると思えるようになりました。
5、 REGULUS 
―?めずらしい花屋さん?じゃダメ。中身が充実してこそ仕事になる。
6、 御菓子屋コナトタワムレル 
― 自分の手でつくった味を、胸をはって売る、小さな店をやりたい。
7、 絵本とコーヒーのパビリオン 
― 意外な出会いに恵まれる店。どこかに行かなくても毎日が旅のようです。
8、 箱田鞄 
― 爺ちゃん婆ちゃんになるまで、ずっと二人で美しい鞄をつくり続けたい。
9、 久保田商店 
― 店の伝統と味を守りながら、新たな菓子の可能性を考える。

価 格:¥1,728−
仕 様:ソフトカバー 136ページ
サイズ:20.8 x 14.8 x 1.4 cm 
発 行:雷鳥社
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Pin it
  • Google+でシェア
SALE  → 
残りわずか
Sold out
注文数:

*価格は消費税込みの金額です

配送・ラッピング
箱入りラッピング
簡単ラッピング
ネコポス 可(1点まで)
※この商品は日本国外への配送ができません