Envelope online shop

フリーダイヤル:0800-800-0925
携帯電話・PHSから:03-6432-7385(有料)

配送・送料についてはこちら »

OXYMORON | くるみのおやつBOX オクシモロンの看板おやつ。

オクシモロンのお店でカレーのお口直しとしてお出ししている「くるみのおやつ」。
お店ではキャンディーのように包まれて出てきますが、オンラインショップでは小袋に詰めて、ギフトBOXにてお届けします。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Pin it
  • Google+でシェア
SALE  → 
残りわずか
Sold out
注文数:

*価格は消費税込みの金額です

■なにか甘いもの食べたい。そんなときに


おなかはいっぱいなはずなのに、「なんか甘いものがほしい」。そんな気持ちを満たしてくれる嬉しいサービス。鎌倉のオクシモロンのお店では、カレーを食べたあと、すっとさり気なくテーブルにくるみのおやつが置かれます。

このお菓子、お店では白い包みにくるまれて出てくるのですが、包みを開くと中にはくるみのおやつ一片、二片…がぎゅっと入っていて、なんともやさしい甘み。カレーの後味を受け止めてくれて、さっきまで渇望していた‘甘いもの'への思いが満たされていくのです。

▲こんな風にごほうびの飴のように、テーブルに出てきます

▲包みを開けるとこんな感じ

セット内容
◇くるみのおやつ80g×5袋

■ OXYMORONロゴ入り小袋に入ってます


このくるみのおやつを、オンラインショップでは、オクシモロンのロゴがプリントされた小袋に入れてお送りしています。


小袋の中には、くるみのおやつが2パック。その小袋が1箱に5袋詰まっています。



箱の中に小袋が5つ。箱ごと贈るのもいいけれど…


プレゼントや手紙と一緒に1袋、ちょっとした小さな気持ちを添えて。お引越しや仕事仲間へのお礼や、結婚式のプチギフトにもおすすめです。

■ 食べ終わった後、整理箱として使えるように


お菓子が入っている箱もオクシモロンのオリジナルです。厚手のしっかりした素材でできているので、食べ終わった後は整理箱としてお使いいただけます。



ラベル用の窓もついています。

■ いつかお店を持ちたいと思っていたシェフ・村上が決めていたこと


オクシモロンのレシピ本「鎌倉OXYMORONのスパイスカレー」(マイナビ)の前書きに、著者の村上愛子のこんな言葉が書いてあります。

『かつて私は、2人の子どもを育てながら、カレーのことばかりを考えていました。(中略)………それと同時に、いつか自分のお店を持ちたいと思うようになりました。自分で作ったカレーを自分で作ったお皿に盛り付けること、サラダではなくお漬けものを出すこと、カレーの後にくるみのおやつをキャンディのように包んでそっとおくこと、ていねいに淹れたコーヒーやごく当たり前においしいチーズケーキやプリンもメニューに入れること、心地良い空間やそこに流れる音楽のことまで妄想を膨らませながら、人に会う度に「私、カレー屋をやるんです」と言い続けました。………』

そう、お店をはじめる前から、このくるみのおやつのことは構想にあったのだそうです。


オクシモロンのカレーを堪能したあとに…


ボリュームたっぷりのおやつ…

こんな、お店で食べる甘いものもいいけれど、普段のおやつにくるみのおやつをほお張る時間も幸せ。お友だちへのおすそわけにもご利用ください。

■ギフトボックスに入れてお届け


オクシモロンオリジナルのギフトボックスに入れてお届けします。
※包装紙でのラッピングやボックスを巻く帯の色は指定できません。


■熨斗をご希望の場合


ご希望の方には、ギフトボックスに熨斗をおつけいたします。
【包装紙でのラッピング不可】


SHOPPING MEMO


セット内容
◇くるみのおやつ80g×5袋

くるみのおやつ
原材料名:くるみ、三温糖、香辛料
内容量:80g/袋 5袋
賞味期限:商品裏面に記載、お届けからおよそ1週間
保存方法:20度以下で保存

食品のため、お客さま都合での返品・交換を承れません。
配送・ラッピング
箱入りラッピング 不可
簡単ラッピング 可(付属の箱を包装紙でお包みします)
ネコポス 不可
※この商品は日本国外への配送ができません

カートに入れるボタンへ ▲