Envelope FOOD HALL|[Bocchi]畑で採れたピーナッツの蜜煮

甘さすっきり。ふっくらやわらかな落花生の蜜煮

おひさまのもとでじっくりと乾燥させた千葉県産の落花生を、蜜漬けのおやつに。香ばしさとすっきりとした甘さがあとひくおいしさの「ピーナッツの蜜煮」を紹介します。

■落花生を手軽なおやつに

落花生の甘納豆を食べたことはありますか?千葉県の産地ではおなじみのおやつなのだそうです。

Bocchiの「畑で採れたピーナッツの蜜煮」はすっきりとした甘さ。きれいなかたちを保ちつつも、食べるともちっと絶妙なやわらかさです。歯ごたえのある落花生とはまた違った、新しいおいしさが味わえます。

▲私たちは砂糖がまぶされた甘納豆しか知らなかったので、とても新鮮でした

のどが渇くような甘さではないけれど、しっかりと感じる甘味。それは落花生本来の甘さなのです。

■昔ながらの「ぼっち乾燥」で引き出す甘さ

おいしさの秘密について、まずは素材から紹介しましょう。

使われているのは、落花生の名産地である千葉県産。契約農家そしてBocchiのスタッフが育てたものです。

九十九里浜沿いの旭市は温暖な気候ですが、砂がまじった土は根を張りにくく、塩害もあるので作物にとっては過酷な環境。自ずと収穫量も落ちるけれど、その分タフで美味しい落花生が育ちます。

▲落花生そのものが種になります。ちょっと気が遠くなりますが、こんな風にひとつひとつ手剥きし、畑に蒔かれます 

▲Bocchi代表の加瀬宏行さん。5月に種蒔きをし秋に収穫する落花生。夏の一番暑い時期に草取りなどの作業をします 

収穫した落花生は畑で乾燥させたあとに、さらに追い乾燥をさせます。「らっかぼっち」といってこんな風に積み上げるのです。

▲このあたりの秋の風物詩「らっかぼっち」。「Bocchi」の名前の由来にもなっています

機械ではなく、おひさまのもとでゆっくり乾燥させることで、落花生は追熟し糖を蓄えます。甘ったるくなく、でも満足感のある甘味の理由は、こうした昔ながらの方法が守られているからなのです。

■創業から受け継がれる銘菓

収穫した落花生は自社工場に運ばれて、加工されます。完成までに何度も選別が行われて、選りすぐりの落花生だけがBocchiの製品となるのです。

Bocchiは、75年つづくピーナッツ製造・販売会社セガワから生まれたブランド。この蜜煮は創業時から受け継がれている味で、継ぎ足されてきた蜜にはコクと旨味がつまっています。

▲圧力釜で柔らかく炊き上げます

▲ふっくらと炊けた落花生を蜜の中へ。浸透するように糖度の低い蜜と高い蜜の2回に分けてじっくり漬け込みます

Bocchiでの商品化にあたって、昔からの風味はそのまま変らずに、でも糖質は1/3カット。糖度を下げても長く保存できるように仕上げられています。

■ちょっと甘いものが欲しいときに

「畑で採れたピーナッツの蜜煮」は一袋25g入りです。ついつい手が止まらなくなってしまうのですが、ほどよい量なので食べすぎが防げます。

▲誰かにすすめたいときにもちょうどいいサイズ

そのまま食べるだけでなく、トーストやアイスお餅、ヨーグルトなどに添えるのもおすすめです。

写真提供:Bocchi(4,5,6枚目)

■関連記事

Bocchiはおいしいものをつくるだけでなく、耕す人、料理する人そして食べる人、落花生を中心にさまざまなつながりをつくるピーナッツブランドです。

つくり手の加瀬宏行さんへのインタビューもぜひ合わせてご覧ください。
《おいしいつくり手》畑から食卓へ、落花生からうまれるつながり/「Bocchi」加瀬 宏行さん
《おいしいつくり手》畑から食卓へ、落花生からうまれるつながり/「Bocchi」加瀬 宏行さん

SHOPPING MEMO

原材料名:千葉県産落花生、砂糖
内容量:25g
賞味期限:2021年12月
保存方法:直射日光、高温を避け保存。開封後はお早めにお召し上がりください

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。