Envelope FOOD HALL|[こんぶ土居]ちりめん山椒

香り弾ける、こんぶ土居のちりめん山椒

100年以上の歴史を持つ、大阪の昆布専門店「こんぶ土居」。日本ならではの食材「昆布」の伝統を守るとともに、時代に合わせた優れた食品をつくっています。その一つがこちらの「ちりめん山椒」です。
ちりめん山椒 SOLD OUT

■こんぶ土居ならではのちりめん山椒

ほかほかの白いごはんにかければ、もうご馳走。そんなごはんのお供をご紹介します。

こんぶ土居のちりめん山椒は、宮崎県産のしらすと和歌山県の実山椒、そして一番の特長である函館産の真昆布が使われています。

味付けは丸大豆醤油、伝統味醂、純米酒、甜菜糖とごくシンプルなもの。厳選した素材を活かすように炊き上げられています。▲こんぶ土居ならではの昆布入り

和歌山県で育てられる実山椒は粒が大きめで、柑橘の香りがなんともさわやか。そして小さく刻まれた昆布によって味わいがさらに奥深いものにしています。

醤油のきりっとした味わいに、弾けるような山椒の香り。

あたたかい緑茶をかけてお茶漬けにしたり、おにぎり、お寿司、そのままおつまみにするのもおすすめです。▲ちりめん山椒と緑茶がとても合う

 

■必ず自分たちの手や目を使って

「人まかせではよいものはできない」というのが同店の考え方。毎年昆布の産地に足を運んで信頼関係を育むとともに、自分の目でも素材を吟味しています。

▲写真提供:こんぶ土居

■本物の味を伝えつづけて

大阪の昆布専門店、こんぶ土居の創業は1903年(明治36年)。北前船によって北海道の昆布が大阪に集められたのは、江戸から明治時代にかけてのこと。

昆布文化が発展した時代から現在に至るまで、同店ではその魅力を発信しつづけています。

▲こんぶ土居があるのは、大阪市中央区の空堀(からほり)商店街。店内は無垢の松の床、漆喰の壁、あたたかみのある光を放つ船舶用の照明…。そのあたたかみは、同店の製品づくりに通じるものがあります

出汁をとる家庭が少なくなった今、4代目の純一さんは産地への訪問やだし教室の開催など、様々な取り組みを行っています。日本の伝統的な食文化を次世代に受け継いでいくために。


▲同店のウェブサイトやパンフレットでは、昆布だけに限らず食材についての情報発信をしています

■関連記事

《おいしいつくり手》受け継いでいく、本物の出汁/こんぶ土居


SHOPPING MEMO

原材料名:しらす干し(宮崎県製造)、丸大豆醤油(和歌山県東牟婁郡製造)(原材料:丸大豆、小麦、塩)、山椒(和歌山県産)、伝統味醂(岐阜県加茂郡製造)、純米酒(長野県佐久市製造)、真昆布(北海道函館市産)、甜菜糖(北海道製造)   

内容量:50g
保存方法:冷暗所(20℃以下)。開封後は要冷蔵
賞味期限:1か月以上のものをお届けします

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。

配送・ラッピング