Envelope Select|fleurs sauvages エプロン「Kurumaba-so」

生活に根ざした、美しいエプロン

北海道洞爺湖で服をつくるfleurs sauvages國井ミアキさんより、腰巻きタイプのエプロン「Kurumaba-so」をご紹介します。

オフホワイト SOLD OUT
ブルー SOLD OUT

■fleurs sauvagesのお洋服

北海道・洞爺湖のほとりでリネンのお洋服をつくっている、fleurs sauvages國井ミアキさんから、エプロンが届きました。


《つくり手ファイル》湖のほとりで服を仕立てる/國井ミアキさん

■「Kurumaba-so」

腰巻タイプのエプロン「Kurumaba-so」。初夏に小さな白い花を咲かせるクルマバソウをイメージし、名づけられました。

クルマバソウは、洞爺湖周辺に沢山咲く、バニラの香りのする野の花だそう。


■フランスアンティークのような形

「生活に根ざした服が美しいと感じる」。実用的でありながら可愛らしさをあわせ持つエプロンになるようにと、フランスアンティークのエプロンの形から、着想を得てデザインされました。

▲モデルは左166cm、右153cmです







■細部まで丁寧なつくり

布の裁断、足踏みミシンでの縫製…はじめから終わりまで、國井さんひとりで製作しています。
だからこそ、細部まで心が行き届いているのを感じることができます。

▲均等できれいなドレープ

▲腰まわりのささやかなデザインに國井さんらしさが


▲ポケットは入口が大きく、すっと手を差し込みやすい形

▲紐の部分はきちんと強度があります

▲裏側にはfleurs sauvagesの刺繍入りのタグ

■あわせやすい3色

カラーはオフホワイト、ブルー、ブラックの3色です。

▲紐は前で結んでも。モデルは166cmです

■オフホワイト




■ブルー(取扱終了)




■ブラック



▲モデルは168cmです

■関連記事


「野生の花たち」展示概要はこちら(終了しました)

《つくり手ファイル》湖のほとりで服を仕立てる/國井ミアキさん

SHOPPING MEMO

「Kurumaba-so」
幅66cm(ひも部分を含む全長236cm)、丈90cm

[ 素材 ]
オフホワイト:リネン50%、ラミー50%
ブラック:リネン100%
※モデルの身長は153cm、166cm、168cmです