Envelope Select|[枯白]テープカッター

木の温かみをデスクトップに。無垢のテープカッター

兵庫県姫路市を拠点にする「枯白」は、暮らしの中で欲しいと思ったものを自分たちの手でつくりあげます。からからと心地よい音をたてて回転する無垢材のテープカッターは、時とともに美しく育ちます。

■欲しいものを思い描いたかたちにして

枯白の乾喬彰さんが「あったらいいな」をかたちにした、テープカッター。

土台が鉄で、その下に鉄板と滑り止めの薄いゴムがついているので安定感が抜群です。テープを引っ張っても本体は動かずに、木のリールが気持ちよく回ります。

▲どっしりしているので、置いたまま片手でもテープが引き出せます

テープの入れ替えは、土台に真鍮の支柱を差し込みます。2本の支柱でテープを挟んだ状態で差し込むと、土台が傷つきません。


サイズはニチバンのセロテープ35mの径を基準にした円径でつくられています。同じサイズのセロテープやメンディングテープにも使えます。


■経年変化が楽しめる素材を使って

テープカッターに使われているのは、無垢の木、鉄そして真鍮。経年変化が楽しめるものにしたいという思いから、どれも時間がたつにつれ美しくエイジングする素材が使われています。

木はクリとウォールナットの2種類です。


▲(左から)ウォールナット、クリ

明るくインテリアのテイストを選ばないクリは、時とともに色が濃く飴色に。一方上品な濃い茶色のウォールナットは、木ならではの素材感が出てくるそうです。


▲クリ


▲ウォールナット

木だけでなく、真鍮の支柱も茶色く濃く変化していくそうですよ。

■道具とのお付き合いについて

お手入れについて聞くと「経年変化する素材は、その変化を愉しんでいただければと思っています。基本的に はそのままで問題ありませんが、気になるようでしたらメンテナンスを施してみてください」とのことでした。

なので使っているうちに気になったら、以下のお手入れをお試しください。

まずは木の部分。色味が薄くなったりツヤがなくなってきたと感じたら、細かめのサンドペーパー(400番くらい)で磨いて表面を整えた後、木工用オイルか植物性オイル(荏胡麻油や亜麻仁油など)を塗って乾拭きするとよいそうです。


真鍮部分は、くすみや汚れが気になったら市販の金属磨き剤を布に含ませ磨いてあげてください。


鉄の部分は薄く塗装してあるので錆は発生しにくいのですが、もし錆が出た場合は、植物性オイルを塗って乾拭きしてください。

■時と人の手によって増す、美しさ

乾喬彰さん、直実さんからなる枯白は、かつて綿織工場だった跡地に建つ工房でスタッフとともにものづくりをしています。


▲兵庫県姫路市内の工房

人やものが練れて深みが増し、円熟した味わいが生じる。そんな意味をもつ「枯」。そして、新しさやものごとがはじまる原点のような新鮮さを意味する「白」。

木や鉄、真鍮など素材それぞれの美しさを大切につくられた枯白の作品は、まさに使われることによって趣を増し美しく育ちます。

写真提供:枯白(13枚目、14枚目、15枚目)

関連記事

つくり手ファイル/木と異素材の美しい調和/枯白


SHOPPING MEMO

材質:クリ、ウォールナット、鉄、真鍮
サイズ:W5×D16× H12cm
※手仕事品ですのでサイズに多少の誤差はあります。ご了承ください。
※天然木を使用しているため、一点ずつ木目の表情が異なります。
※画面表示の色は、ご利用の環境により実際の色と多少異なる場合があります。

配送・ラッピング