Envelope Select|[Tabrik]巻きスカート

天然染料で染めた巻きスカート

味わい深い色と質感。Tabrikの洋服には、情緒あふれる世界観が凝縮されています。天然染料で国内で染めたコットンシルクの巻きスカートをご紹介します。
ラック染/フェザーパープル SOLD OUT
渋木染/カーキ SOLD OUT

■天然染料の自然な風合い

くったりとしたコットンシルクの生地を、福岡の工房で一点ずつ手作業で染めています。ムラや一枚ずつ違った風合いがあるのが特徴です。渋木染/カーキはヤマモモの樹皮である渋木から抽出した色素を染料として使っています。
▲渋木染/カーキ(モデル身長170cm )


ラック染/フェザーパープルはラック染めの後、モモタマナ科の樹木であるミロバランの木の実から抽出した染料を重ねることで、パープルがかったグレーに染まっています。グレーの中に見えるパープルが羽根のようだったので、「フェザーパープル」という色名になったそう。
ラック染/フェザーパープル(モデル身長170cm )


■重ね着を楽しんで

冬はタイツなどを重ね着して、夏はさらりと一枚で涼しく。Tabrikの巻きスカートは、季節を問わず合わせやすいアイテムです。
▲ラック染/フェザーパープルにセーラーカラーリネンワンピースを合わせて。(モデル身長170cm)
ふわりと軽いシルクコットン生地は、柔らかく独特なツヤがあるので、大人っぽい印象に。
▲バックスタイル


前で結んだり、横で結んだりと、紐の結び方を色々とアレンジして楽しめます。

▲左右にポケットがあります

▲生地に若干透け感があります


■手仕事から生まれる丁寧な洋服つくり


細かいパーツを付けたり、手作業でしかできない仕上げは全てTabrikが行っています。
▲揺れる紐の先には京都の工房にオーダーしたタッセル


■つくり手「Tabrik」のこと

2000年にスタートしたTabrikは、国内の産地で生地をつくり、そこから着想を得て服を仕立てるブランド。自然素材と手仕事を取り入れたアイテムは、ナチュラルになりすぎず洗練されていて装う楽しさを教えてくれます。

生地の制作を依頼する工房の開拓から服づくりまで、デザイナーである手島紋さん一人でこなしています。

《つくり手ファイル》自然素材にスパイスを添えて/Tabrikの服


SHOPPING MEMO


素材:コットン70%、シルク30%
サイズ:スカート丈 約87cm、ウエスト平置き幅約45cm
モデル身長:170cm
※着用や摩擦により他の衣類や小物などに色移りすることがあります。ご注意ください。
・こちらの商品は天然染料を使用し、手作業で染めています。独特のムラや風合いをお楽しみください。
・お洗濯は単独でやさしく手洗いをお願いします。
・漂白剤、蛍光剤の入った洗剤のご使用はお控えください。
・タンブラー乾燥は避け、形を整えて陰干しをしてください。
・濡れた状態では色移りしやすいので速やかに乾かしてください。
・柑橘果汁が付着した場合、部分的に色落ちしてしまいますのでご注意ください。
・アイロンは当て布を使用してください。
・少しずつ色合いが経年変化していく過程もお楽しみください。


〈タッセルのお取り扱いについて〉
・長時間濡れたままになるなど、タッセルに負荷がかからないようにしてください。
・ご使用時、着用時、また保管の際の引っ掛かりにもご注意ください。
・タッセルの経年変化もお楽しみください。


配送・ラッピング