Envelope Select|[Tabrik]ギャザーワンピース(リネン)

美しい自然の色を纏う

深みのある色と質感。Tabrikの洋服には、情緒あふれる世界観が凝縮されています。ギャザーがたっぷりと入った、リネンのよさを体感できるワンピースをご紹介します。

ラック染/フェザーパープル SOLD OUT

■ リネンの質感を味わう

ワンピースとしてはもちろん、前開きなので羽織にもちょうどよいリネンワンピースです。ほどよい厚みのあるリネン生地は、特有のしわ感があり空気をふくむようなさわり心地。▲モデル身長170cm


襟もとや袖にはギャザーが入っています。襟のギャザーの入り方は均一ではないので、メリハリがつき甘くなりすぎることがありません。▲後ろは中心のあたりにギャザーがしっかり入っています

 ギャザーが入っていることでリネンはさらに表情が豊かになります。

▲肩には三角形の小さなパーツが入り、その部分にのみギャザーが施されています▲前見頃は襟先にギャザー

■ さっと手に取りたくなる存在

ラグラン切り替えの袖は、肩のラインが決まっていなのでいろいろな体型の方に合いやすく、なにより肩や腕の動きが楽。一日中着ていたい着心地のよさもおすすめのひとつです。袖は肘上あたりで切り替えが入り、その下はギャザー袖になります。
薄すぎない生地感は、春夏の肌寒い日の羽織りとしても重宝します。インに着るボトムスを選ばない、長め丈も嬉しいポイント。

足もとは革靴でもサンダルでも。インには薄手のセーターも合うので、夏から冬まで一年中手にとりたい、スタイリングをまとめてくれるような存在です。

■ 天然染料による絶妙なカラー

このカラーの名前はフェザーパープル。一見グレーですがうっすらとパープルを感じるような色。グレーの中に見えるパープルがまるで羽根のようで、この色名になったそう。

ラック染めの上に、モモタマナ科の樹木である、ミロバランの木の実から抽出された染料を重ねています。ラック染めとは、アジアで古くから用いられている、ラックカイガラ虫から抽出した染料を使った染色です。

■ 細やかな手仕事が生きる

羽織れば自然体でいられるような、さらりとしたワンピースですが、ディテールにはたくさんの手仕事が施されています。使用されているボタンは共布をくるんだ薄いくるみボタン。ハトメ穴のついたくるみボタンなので、さりげなくコーディネート全体を引き締めてくれます。▲開きのボタンは2つずつ、並んでついています

切り替えの入った見頃は、前も後ろも実はヘムラインがまっすぐではありません。パーツによってヘムラインが長くなっている部分があり、裾にリズムがついています。▲後ろ▲前

やっぱりあると嬉しいポケットは両側とも脇線に沿って付けられ、便利だけど目立つことなくコーディネートの邪魔をしません。

■つくり手「Tabrik」のこと

2000年にスタートしたTabrikは、国内の産地で生地をつくり、そこから着想を得て服を仕立てるブランド。自然素材と手仕事を取り入れたアイテムは、ナチュラルになりすぎず洗練されていて装う楽しさを教えてくれます。

生地の制作を依頼する工房の開拓から服づくりまで、デザイナーである手島紋さん一人でこなしています。 

《つくり手ファイル》自然素材にスパイスを添えて/Tabrikの服


SHOPPING MEMO


素材:リネン100% 
サイズ(平置き):身幅 約62cm、袖丈(ネックポイントから)65cm、着丈 約120cm 
モデル身長:170cm 
・天然染めは全て中性洗剤で手洗いをお願いします。漂白剤、蛍光剤の入った洗剤のご使用はお避けください。 
・タンブラー乾燥は避け、形を整えて陰干しをしてください。
・柑橘果汁が付着すると部分的に色落ちしてしまいますので、すぐに洗い流してください。
・経年変化により、ゆっくりと変化していく色味もお楽しみください。
・お洗濯、保管の際は日陰になるようにしてください。 


配送・ラッピング