Envelope Select|[susuri]キグナスドレス

優雅にはばたく白鳥のように

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、裾に向かう広がりが美しい、ダークネイビーのワンピースをご紹介します。

■流れるドレープに身を任せて

新しいクラシックを模索した形キグナスは、英語で「はくちょう座」のこと。

▲モデル身長166cm

優雅に揺れるドレスは、大きな翼を広げた白鳥のようです。


透けないしとやかなコットン生地で、首周りはバンドカラーですっきり。


肩はゆったりと、袖も余裕のあるつくりです。


背面には可憐なギャザーと、susuriの特徴的なリボンで立体感を出しています。



ラインとドレープを縦方向と後ろへ流れるように調整されています。
後ろがやや長く、なめらかなシルエットに。

クラシックな印象を強める袖口は、長めの幅で手元を細く見せてくれます。

両側にポケット付きです。

■同シーズンのアイテムと組み合わせて

キグナスドレスは、20ssのコットンリネンのベストと相性ばっちり。

ムールベスト

ムールロングベストを合わせれば、全く違った印象のワンピースに変わります。

■艶と深みのあるネイビー

毛焼きをした80番双糸コットンを強撚し、ドビーのヤブレ組織で織った生地。
ふくらみとダレ感、シャリ感があり、深いネイビーがしとやかな印象です。

■2020ss”cross the line”

susuriの2020ssコレクションのタイトルは”cross the line”。そのテーマについて、デザイナーの齋藤さんはこう伝えます。


「先行きへの不安を抱えつつも力強く様々な文化を内包し膨らむ湿潤な街、香港。そこに暮らすエレガントで奥ゆかしく、誠実で健気な男女が出会い、別れるまでの、儚げで脆く、危うく張り詰めた恋の記憶の映画 “花様年華“。

戸惑いや高ぶり、慈しみと慰めなど1つではない感情を同時に抱えてすれ違った記憶を振り返り、虚しさに切なくなるさま描いた映画をイメージして、甘美で曖昧、密やかに優雅。

男と女の観念や古典とモダンなどスタイルの交錯という、susuriが目指してきた記憶を辿って、さらに次の一歩を踏み出す新しい形を目指し、中国の柄、果物や植物の色などをヒントに淡いコントラストでまとめ、伝統的な仕様のスリットに人々のすれ違いが現代の分断を重ねたシーズンです」


SHOPPING MEMO

素材:コットン100%
着丈 123cm、肩幅 43.5cm、身幅 59cm、袖丈 53.5cm、袖口 11cm

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング