Envelope Select|[susuri]カルマールブラウス

マニッシュとエレガントの交差

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、シルクリネンが軽やかな、春らしいブラウスが届きました。

■首元すっきり、袖はふんわり

イカ胸で切り替えられた、マニッシュなシャツブラウス。

▲オフ、モデル身長166cm

バンドカラーですっきりと見せながら、細かく配置されたボタンに遊び心を感じます。すっきりした首元と対象的に、ふんわりとした袖のギャザーや裾の丸みは、かわいらしさを帯びています。後ろのほうが長いつくり。ひらりと出して着ても、インしてかっこよく着ても。▲ブラック

袖周りはゆったりと、気持ちのよい着心地です。
首元の後ろにはボタンの装飾つき。

■同シーズンのアイテムと組み合わせて

カルマールブラウスは、20ssのアイテムと相性ばっちり。コットンリネンのフロッグパンツの個性的な形が活きます。フロッグパンツ

ほかにも、ムールベストムールロングベストと合わせて着てみてくださいね。
ムールベストムールロングベスト


■エレガントな空気をまとって

経緯に色の異なるシルクと、細番手のリネンの配列させて、シボ感のある細かいチェックに織ったシルクリネン。
ドレープとわずかな光沢があり、ドライで軽いエレガントな仕上がりです。 色はオフとブラックの2色です。
▲左:オフ、右:ブラック


■2020ss”cross the line”

susuriの2020ssコレクションのタイトルは”cross the line”。そのテーマについて、デザイナーの齋藤さんはこう伝えます。


「先行きへの不安を抱えつつも力強く様々な文化を内包し膨らむ湿潤な街、香港。そこに暮らすエレガントで奥ゆかしく、誠実で健気な男女が出会い、別れるまでの、儚げで脆く、危うく張り詰めた恋の記憶の映画 “花様年華“。

戸惑いや高ぶり、慈しみと慰めなど1つではない感情を同時に抱えてすれ違った記憶を振り返り、虚しさに切なくなるさま描いた映画をイメージして、甘美で曖昧、密やかに優雅。

男と女の観念や古典とモダンなどスタイルの交錯という、susuriが目指してきた記憶を辿って、さらに次の一歩を踏み出す新しい形を目指し、中国の柄、果物や植物の色などをヒントに淡いコントラストでまとめ、伝統的な仕様のスリットに人々のすれ違いが現代の分断を重ねたシーズンです」


SHOPPING MEMO

素材: リネン 59%、シルク 41%
着丈 70cm、身幅 50cm、肩幅 35.5cm、袖丈 61cm

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング