Envelope Select|[susuri]ピオニードレス

オリエンタルな風をまとって

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、ヴィンテージの図案から興した花柄が映えるワンピースが届きました。

■花の蕾のような丸み

しっとり華やかな牡丹の花の蕾をイメージで形づくったワンピース。

▲ホワイト、モデル身長170cm

▲ブラック

可憐で優美な女性を表す花「ピオニー」と名付けられたドレスは、ふんわり丸みのある袖が蕾のようです

ラグランショルダーに丸みのある袖を下のほうに配置して、肩まわりは動かしやすく、さまざまな体型の方に着用いただけます。

裾に向かって広がるAライン

首元はバンドカラーですっきり。前後にギャザーがあしらわれています。

うしろにはクルミボタンが清楚に並んでいます。

クルミボタンは袖口にも。ほどよいアクセントになっています。

スカート部分に切り替えがあり、裾に向かって広がるAラインのシルエットに。

両側にうれしいポケット付きです。

■オリエンタルな花柄に注目

ピオニードレスの素材はコットンリネン、手捺染のプリントをして軽く柔らかく仕上げた生地を使っています。

▲下:ホワイト、上:ブラック

ヴィンテージの図案からアイディアを得て、色や大きさを調整して興した模様に注目。カラーはホワイトとブラックの2色展開です。

ホワイトもブラックもそれぞれオリエンタルな美しさがあります。

■2020ss”cross the line”

susuriの2020ssコレクションのタイトルは”cross the line”。そのテーマについて、デザイナーの齋藤さんはこう伝えます。


「先行きへの不安を抱えつつも力強く様々な文化を内包し膨らむ湿潤な街、香港。そこに暮らすエレガントで奥ゆかしく、誠実で健気な男女が出会い、別れるまでの、儚げで脆く、危うく張り詰めた恋の記憶の映画 “花様年華“。

戸惑いや高ぶり、慈しみと慰めなど1つではない感情を同時に抱えてすれ違った記憶を振り返り、虚しさに切なくなるさま描いた映画をイメージして、甘美で曖昧、密やかに優雅。

男と女の観念や古典とモダンなどスタイルの交錯という、susuriが目指してきた記憶を辿って、さらに次の一歩を踏み出す新しい形を目指し、中国の柄、果物や植物の色などをヒントに淡いコントラストでまとめ、伝統的な仕様のスリットに人々のすれ違いが現代の分断を重ねたシーズンです」


SHOPPING MEMO

素材: コットン85%、リネン15% /コットン90%、シルク10%
着丈 120cm、裄丈 47cm、身幅 63cm、裾幅 115cm

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング