Envelope Select|[susuri]ミュウドレス

淡いギンガムチェックを上品に重ねて

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、やわらかな黒色が重なり合う、シックな雰囲気のギャザーワンピースをご紹介します。
ブラック SOLD OUT

■どんな仕草も女性らしく

少し透け感のあるギンガムチェック柄のギャザーワンピース。▲モデル身長170cm、裏地つき

どんな仕草を切り取っても優雅で、女性らしく見せてくれます。

■パーツがつくる濃淡を楽しむ

フロントは、パネルのように切り替えが。部分的にギンガムチェックの生地を重ね、濃淡を出しています。

香港の街で見かけるような、小さく細かく区切られたアパートをイメージしています。袖はふっくらバルーンのような形。パーツを分けて立体感を出し、リボンで絞り具合を調節できます。後ろ下がりですとんとした形。腕のシルエットを程よく隠してくれます。腕をあげると空気を含んでたっぷりと膨らみます。うしろは大胆にV字にカットされていて、どこか都会的な印象。
3つのボタンがアクセントになっています。
オケージョンにも使える上品さが漂います。
ウエスト高めにギャザーを入れて、スカートにボリュームを。
歩くたびに揺れ、足元に透ける生地感を楽しめます。
両側にポケット付きです。

■透けて重なる、淡い黒

細番手のコットンをギンガム状にし、重なりの陰影でシャドウチェックに見えるようにした生地を使用。
透けた部分の淡い黒と、重なった部分の陰影のあるチェックが魅力的です。

コットンシルクの裏地がついているので、一枚で着ることができますよ。

■2020ss”cross the line”

susuriの2020ssコレクションのタイトルは”cross the line”。そのテーマについて、デザイナーの齋藤さんはこう伝えます。


「先行きへの不安を抱えつつも力強く様々な文化を内包し膨らむ湿潤な街、香港。そこに暮らすエレガントで奥ゆかしく、誠実で健気な男女が出会い、別れるまでの、儚げで脆く、危うく張り詰めた恋の記憶の映画 “花様年華“。

戸惑いや高ぶり、慈しみと慰めなど1つではない感情を同時に抱えてすれ違った記憶を振り返り、虚しさに切なくなるさま描いた映画をイメージして、甘美で曖昧、密やかに優雅。

男と女の観念や古典とモダンなどスタイルの交錯という、susuriが目指してきた記憶を辿って、さらに次の一歩を踏み出す新しい形を目指し、中国の柄、果物や植物の色などをヒントに淡いコントラストでまとめ、伝統的な仕様のスリットに人々のすれ違いが現代の分断を重ねたシーズンです」


SHOPPING MEMO

素材:コットン100%(裏地 コットン70%、シルク30%)
着丈 115cm、肩幅 38cm、身幅 48.5cm、袖丈 37cm、裾幅 132cm


素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング