Envelope Select|[CASTELLA NOTE]Cane Basket

中身の見えない、縦長のバスケット

ポルトガルでの暮らしと手仕事を、現地でのフィールドワークを通して日本に伝える活動をしているCASTELLA NOTE(カステラノート)。彼らがセレクトした、最南の街Algarve(アルガルヴェ)で暮らす農家のおばあさんたちがアシの一種Cane(カネ)で編んだバスケットを紹介します。

※写真1枚目はStandard φ23-25cmを持っています。

Mini φ9-10cm SOLD OUT
skinny φ16-17cm SOLD OUT
Standard φ23-25cm SOLD OUT

■中身の見えないバスケット

ジェーン・バーキンが愛用したことでバーキンバスケットとも言われるCaneバスケットは、とれたての蛸や魚、家の鶏が産んだ卵を入れたりフルーツを入れるためのものだったそう。

Caneとは、水場にはえる細い竹に似たアシの一種。縦長の本体に、スライドして開ける平らな蓋が特長の伝統的なかごです。


▲魚や蛸が逃げないように、自然に蓋つきになったのかもしれません/Standard(φ23-25cm)

▲Standard(φ23-25cm)

▲skinny(φ16-17cm)

■4つのサイズをご用意しました

サイズは4種類。インテリアやお出かけなど、用途に合わせてお選びください。

Mini(φ9-10cm)やskinny(φ16-17cm)は、小物を収納したりドライフラワーを活けて吊り下げたり、インテリアとして活躍しそうです。


▲Mini(φ9-10cm)

▲skinny(φ16-17cm)

▲左から、skinny(φ16-17cm)、Mini(φ9-10cm)

Medium Ⅱ(φ20-22cm)とStandard(φ23-25cm)はお出かけやピクニックのおともに。バケツ型なので、お弁当箱など幅のあるものも収納できます。


▲Medium Ⅱ(φ20-22cm)

▲Standard(φ23-25cm)


■代々編み継がれてきたバスケット

こちらを編むのは、ポルトガルの最南の街Algarve(アルガルヴェ)のおばあさんたち。農作業の傍ら日々の生活の中で代々編み継がれてきたバスケットは、自宅で一人静かに、時に集まりおしゃべりをしながら活き活きと楽しげにつくられています。

こうして編まれたバスケットは、農作業の収穫物を入れるために、市場やグロッサリーへの買い物に、ポルトガルの人々の生活の中で昔から暮らしの中で使われてきました。

子供の頃の風景の中に、母のかたわらにいつもあった」とつくり手のおばあさんは話します。

SHOPPING MEMO

素材:Cane(カネ)
サイズ:
Mini φ10×H10cm ※持ち手含むとH19cm
skinny φ17×H17cm ※持ち手含むとH32cm
Medium Ⅱ φ22×H22cm ※持ち手含むとH34cm
Standard φ25×H25cm ※持ち手含むとH39cm
ポルトガル製

※手仕事品のため、サイズや形には個体差がありますことをご了承ください。
※素材の特性としてささくれなどがありますが、天然素材ならではの風合いとしてお楽しみください。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

配送・ラッピング