Envelope Select|[susuri]クラウンブラウス

舞うように空気を含んで揺れるブラウス

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、小鳥柄のオリジナルプリントでつくられたブラウスをご紹介します。

■ふんわりと舞うようなブラウス

くるくると陽気に踊るピエロをイメージしてつくられたブラウス。生地はミュウドレスとおなじ、どこかノスタルジックな小鳥柄です。▲モデル身長159cm インにポエータハイネックセーターを合わせて

前後の分量に差をつけてつくられています。たっぷりとした裾は、動けば空気を含んでひらひらと舞うように揺れます。胸元のすっきりとした上品なイメージと、裾や袖のふんわりとしたボリュームの差がきれいなブラウスです。フロッグパンツと合わせて

■前後差を楽しむディテール

すっきりとしたフロントに、整然と並んだくるみボタンがポイント。ボタンはキャメルカラーのコットンシルク生地でくるまれ、上品に全体を引き締めます。袖にも、くるみボタンが並びます。後ろには途中までステッチがかけられたタックが裾にかけて広がり、裾はきれいなラインを描きます。
着心地のよいラグランスリーブで仕立てられた袖は、パーツを分け立体感が出るようにつくられています。また、内側になる部分にだけ別布が使われています。袖を動かしたとき、ちらりと見える素材の差がアクセントに。

■オリジナルプリントのコットンシルク生地

秋の穂に小鳥たちが佇む印象的な柄は、susuriオリジナルのプリント。イエローとゴールドの間のような上品な色は、秋冬の装いにぐっと馴染むカラーです。若干とろみのある生地で落ち感があるから、動くたび印象的な余韻を残します。

■2020AW ”REANIMATION”

デザイナーの齋藤龍也さんが、ポルトガルを旅したときに出合ったJoan Jonas の展覧会からインスパイアされた今回のコレクション。

「素直で飾らず、チャーミングで美しい、少しぎこちなくて少し不気味な世界に触れたその瞬間に、 心を奪われました」「彼女の作品がもたらしたインパクトから、”日々の旅”をテーマに掲げて歩んできたこれまでを再度見つめました。

大切に考えてきたこと、つまり、密やかであることや心地のよい裏切りなど精神の部分と、 過去や固定のテイストからの掘り起こし、 丸みと直線の共存や前後の印象の違いにユーモアや意外性を加えるディティールなどカタチづくりの部分。

それらを整理し、今の気分とこれから示していきたい価値観を重ねました。これまでと、これから。静かに強く再び動き出すための、内側を素直に表したシーズンです」

関連記事

《つくり手ファイル》服を着て始まる、自分だけのストーリー/susuri齋藤龍也さん

SHOPPING MEMO

素材:綿88% 絹12%(別布 綿70%、絹30%)
着丈 61cm、身幅 62cm、袖丈(襟ぐりから)54cm

※平置きでの実寸のため、多少の誤差がある場合があります。

配送・ラッピング