Envelope Select|[susuri]ビショップシャツドレス

シルエットを楽しむ、羽織りにもなるジャガードドレス

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)より、オリジナルのジャカード生地とシルエットが美しいドレスをご紹介します。

■印象的なドレスとしても、重ね着を楽しんでも

大きな花模様のジャカード生地を使ったドレス。前開きなので、軽いコートのように羽織としてもお使いいただけます。
ノーカラーでドロップショルダーなので、リラックス感のあるドレスです。ゆったりとした袖周りは着心地も抜群。
たっぷりとしたシルエットの袖がポイント。袖口にかけてゆったりと広がり、細いカフスできゅっと引き締められています。ちょっとした動作も余韻を残すような美しさを持ちます。ドレスのシルエットはコクーン型。ドレスとして着ればそのシルエットを楽しめます。その場合は多少透けますので、インナーをご着用ください。▲モデル身長159cm

羽織としても使えるので、肌寒くなればインにタートルやセーターを入れて、ボトムスとのコーディネートも楽しんで。袖周りがゆったりしているので、中に着るものもあまり選ばないのも嬉しいポイントです。▲インにポエータハイネックセーターフルッターパンツ size 1 を合わせています。

■絶妙な色の濃淡が生み出す表情

オリジナルのジャカード生地は、生地に使用している素材の違いにより絶妙な濃淡が生まれています。ネイビー一色でありながら、表情豊かな生地です。生地は軽やかなので、秋冬だけでなく春先にもおすすめ。オケージョンシーンにも活躍できます。
薄いボタンは黒いくるみボタン。また、袖口のカフスにもブラックの生地が使われています。要所に見えるブラックカラーが全体を引き締めてくれます。

 

■2020AW ”REANIMATION”

デザイナーの齋藤龍也さんが、ポルトガルを旅したときに出合ったJoan Jonas の展覧会からインスパイアされた今回のコレクション。

「素直で飾らず、チャーミングで美しい、少しぎこちなくて少し不気味な世界に触れたその瞬間に、 心を奪われました」「彼女の作品がもたらしたインパクトから、”日々の旅”をテーマに掲げて歩んできたこれまでを再度見つめました。

大切に考えてきたこと、つまり、密やかであることや心地のよい裏切りなど精神の部分と、 過去や固定のテイストからの掘り起こし、 丸みと直線の共存や前後の印象の違いにユーモアや意外性を加えるディティールなどカタチづくりの部分。

それらを整理し、今の気分とこれから示していきたい価値観を重ねました。これまでと、これから。静かに強く再び動き出すための、内側を素直に表したシーズンです」

関連記事

《つくり手ファイル》服を着て始まる、自分だけのストーリー/susuri齋藤龍也さん

SHOPPING MEMO

素材:
表地:レーヨン63% 綿28% ナイロン9%
別布:綿70% 絹30%

後ろ着丈 115cm、肩幅(首元~ドロップショルダーの切り替え線)28cm、袖丈(ドロップショルダー切り替え~袖口) 48cm、身幅 63cm、袖口20cm

※平置きでの実寸のため、多少の誤差がある場合があります。

配送・ラッピング