Envelope Select|[teori works]uni kinchaku

端布のアクセントが愛らしく、裂き織りの巾着

素朴な印象がある裂き織りに新たな魅力を吹き込む、teori works。ぴょんぴょんと飛び出た端布が可愛らしい「uni kinchaku」をご紹介します。

ベージュ SOLD OUT
チャコール SOLD OUT

■シンプルな装いのアクセント役に

「裂き織りをしていた時に、裏側に端布が出てる様子が可愛かったので、表に出るようにしたんです」

uniシリーズがうまれたきかっけについて、つくり手のヤマナカユカさんはそう話します。端布がぴょんと出ている感じが雲丹のようだったから、「uni」と名付けたそうです。

可愛らしいけれど、甘くなりすぎないのがteori worksのバッグ。「今日のコーディネートは大人しすぎるかも?」という時も、この巾着を合わせればいいアクセント役になってくれます。

▲モデル身長159cm、ワンピース(the last flower of the afternoon)コート(FREEMAN--B)靴(AUTTAA)

■紐使いで何通りもの持ち方ができます

バッグのサイズは25×30cm。
コンパクトでありながら、お財布や携帯、手帳、鍵、ハンカチ、くるっと丸めたエコバッグなどお出かけのマストアイテムがしっかりと入ります。

マチがあるのでかたちがあるものを入れても型崩れしません。500mlペットボトルも入れられます。

▲内布つきでしっかりとしたつくり。ポケットがあるので小さなものはこちらへ

紐の長さは約70cmです。1本で持つことも、半分の長さにしてツーハンドルにして持つこともできます。肩掛けやひじ掛けにしたり、手で紐を持ってぷらんとさせても。持ち方で印象が変わります。

■どの色も合わせやすい、4色展開

色はクロ、薄グレー、ベージュ、チャコールの4カラーです。どれも装いを選ばないベーシックな色です。

クロは織り目の凹凸により表情が生まれ、重い印象を与えません。

▲クロ

薄グレーは白みがかって明るい印象、春夏はもちろん、冬は装いに軽やかさを添えてくれます。


▲薄グレー
ベージュはクリームがかった色味で、優しい雰囲気が漂います。



▲ベージュ
チャコールは、深みのあるグレーで落ち着いたイメージ。大人の女性にぴったりです。

▲チャコール

手仕事のあたたかみがありながら、素朴にならず洗練された印象なので、シーンを選ばず活躍。近所への買い物に、ちょっとしたお出かけの時にも馴染んでくれます。

■新しさと、昔ながらの手仕事への敬意と

teori worksのバッグは卓上織り機で一枚一枚生地を織り、つくられています。

写真提供:teori works

本来、裂き織りは布を裂いて織るものですが、ヤマナカさんはハサミでカットしてから織っています。

uni kincyakuをつくる時は、飛び出た端がほつれやすいので一つ一つ処理をしているのだとか。一つのバッグができるまでの手間に驚かされます。

紐を通す穴も、一つ一つ手かがりで始末されています。

お母様が手芸好きで、常に手づくりが身近にあったヤマナカさん。裂き織りとの出合いは7年前。織りの技法を学び、最初は小物づくりから、その後バッグを制作します。

「思い浮かぶとついあれもこれも盛り込みたくなりますが、やりすぎないようにしてます」とヤマナカさん。そのほどよいさじ加減によって、リネンのワンピースにも、パンツ&スニーカーにも合うバッグが生み出されます。

もともと裂き織りは、古くなった布を再生させるために生まれた技法。手でつくったものを繕いながら大切に使いつづける時代の知恵です。

「昔から手仕事を尊敬している」というヤマナカさんの言葉通り、新しさを感じさせるteori worksのバッグは忘れたくない手仕事のよさと今をつなぎます。

SHOPPING MEMO

材質:綿
サイズ:高さ約25cm幅×幅約30cm 紐の長さ約70cm

※使い始めは糸くずが洋服に付着することがあります。
※手仕事品ですのでサイズは大まかな目安です。多少の誤差はありますので、ご了承ください。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

配送・ラッピング