Envelope Select|[装身具LCF]1石水晶の耳飾り

天然石が、華やかさを引き立てて

「どの角度から見た時に、石が美しくみえるのか」装身具LCFのものづくりは、石との対話からはじまります。一粒でも存在感のある輝きを放つ、1石水晶の耳飾りをご紹介します。

■石それぞれの表情を見ながら

装身具LCFによる原石水晶シリーズは、石一つ一つの個性を見極めながらアクセサリーに仕立てます。ピアス2種類とイヤリングをつくってもらいました。

●ピアス

直付けタイプのシンプルなピアス。小粒ながら、存在感のある輝き。一番星のようなきらめきです。

直付けピアスは4つご用意しました。デザインは同じでも、石に個体差があるので、お好みのものをお選びください。

▲(左から)ピアスA、ピアスB、ピアスC、ピアスD
▲ピアスA

▲ピアスB
▲ピアスC
▲ピアスD

●イヤリング

イヤリングは、正面から見た時に留め具が目立たず、ピアスのようなおしゃれが楽しめます。

イヤリングはこちらの4つをご用意しています。


▲(左から)イヤリングA、イヤリングB、イヤリングC、イヤリングD
▲イヤリングA
▲イヤリングB
▲イヤリングC
▲イヤリングD

お客様からよく聞くのが、つけ心地が気になって耳元のおしゃれを楽しめないという声。こちらのイヤリングの留め具は締め具合を調節できるので、パチンと留めるタイプよりも快適なつけ心地です。


●ぶらさがりピアス

「ぶらさがりピアス」は動きに合わせて揺れる、フックタイプのピアスです。

ぶらさがりピアスも4つご用意しました。
▲(左から)ぶらさがりピアスA、ぶらさがりピアスB、ぶらさがりピアスC、ぶらさがりD
▲ぶらさがりピアスA
▲ぶらさがりピアスB
▲ぶらさがりピアスC
▲ぶらさがりピアスD

■天然石の輪郭をなぞって

アクセサリーに使われている原石水晶が、こちら。
透明度が高すぎず黒いインクのような模様が入っているものなど、あえて個性があるものがセレクトされています。原石なのにダイヤモンドにも負けないきらめきです。

石の個体差が作品の魅力なのですが、その分制作は大変になります。というのも、原石水晶シリーズは石のかたちに合わせて銀の枠をつくるから。

途中で一つでも枠や石が割れてしまったらやり直しができないので、技術と集中力を要します。

原石水晶の中に黒っぽいインクルージョン(内包物)が入っているものもありますが、これは結晶ができる過程で自然に閉じ込められた炭素です。作品に動きを持たせるため敢えてセレクトし装身具に仕立てられています。

原石ならではの力強くも柔らかな雰囲気を是非お楽しみください。


■身に着ける人のお守りになるように

LCFのアクセサリーは、すべて作家立川博章さんがショップに併設したアトリエでつくっています。

「身につける人にとって、なくてはならない宝物になるようなジュエリーを」そんな思いを込めて、お客様のもとへお届けします。

出かける日だけでなく、家で過ごす日も美しいものを身に着けると心が潤うもの。今年一年のご褒美にいかがでしょうか。


▲専用のボックスにお入れします。ギフトラッピングの場合もこちらでお届けします

関連記事

《つくり手ファイル》お守りになるジュエリーを。「LCF」原石水晶の装身具

SHOPPING MEMO

素 材:水晶、SV925
サイズ:石の大きさ約1cm(個体差あり)

配送・ラッピング

箱入りラッピング不可(付属の箱を包装紙でお包みします)
簡単ラッピング可(付属の箱を包装紙でお包みします)
ネコポス不可