Envelope Select|[立田暁子]山梨白水晶のブレスレット

澄んだ輝きを手元に、山梨白水晶のブレスレット

いくつもの繊細なビーズを集め、自らの手だけを使って繊細な作品に仕上げていく立田暁子さんのジュエリー。澄んだ輝きを放つ山梨白水晶のブレスレットをご紹介します。

山梨白水晶 SOLD OUT

■クリアな山梨白水晶を主役に

針を使わずに、手先だけで通していく立田暁子さんのビーズジュエリー。まるで糸を紡ぐように、その手から美しい線が生まれます。


ベースになっているのは10-18金の貴金属のビーズ。よく見ると、それぞれの形状が異なるのがわかります。

二連に紡がれた貴金属ビーズを引き締めるにように配されているのが、山梨白水晶。シンプルですがクリアな輝きが目を引きます。

トップにはシャイニーな丸いビーズを。乳白色のビーズやカレンシルバーがポイント使いされています。


配置はすべてが調和するように熟慮されたもの。ブレスレットは身に着けていると動くものですが、あらゆる角度から見て美しく、どんな瞬間も楽しめます。

■静かにそばに寄り添うブレスレット

立田さんが選ぶ素材はどれも薄くて小さくて、そして繊細です。主張が強くないので、ジュエリーをつけ慣れていなくても気負わずに身に着けられます。

普段の日もおしゃれして出かける日も、その日の装いに寄り添うように馴染みます。

長袖の季節は袖口からのぞかせて、半袖の季節には手首の彩りととして。気付けばいつも身に着けているような、なくてはならない存在になりそうです。

立田さんのジュエリーが美しいラインを描いているのは、留め具が通されていることも一つの理由でしょう。

身に着ける時に少しだけコツがいりますが、どこで留められてるかを感じさせない静かな存在感です。

▲モデルの手首は15cmです

ブレスレットは全長約16.5cm。手首14cmの方はゆるめに、手首15cmの方はジャストになるサイズ感です。

■穏やかな気持ちで紡がれるジュエリー

立田さんとビーズの出合いは、お祖母様に旅先で買ってもらったネックレスでした。
幼い頃からものをつくる人への憧れがあり、作家として活動する以前からアクセサリーをつくりつづけていたそうです。

「ものづくりとは、自身を反映するものだと思っていますので穏やかな気持ちで素材に向き合える空間と時間を日々心がけています」と立田さん。

▲こちらの袋に入れてお届けします

制作にあたっては、手を動かしながらデザインを決めていくのだそう。全てが美しく引き立つような配置を追求し、時には数日間身に着けて触れた感じや目に触れた感じを確かめながら、ゆっくりと時間をかけてその作品は完成します。

SHOPPING MEMO

素材:貴金属ビーズ(10金ー18金)、シルバー、山梨白水晶、ワックスコード
サイズ:全長約16.5cm

※すべてハンドメイドでつくられているため、サイズに多少の誤差があります。

※画面表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。
繊細な作品のため取り扱いについては同封の説明書をご覧の上、丁寧にお取り扱いください。
※サイズ違いのお直しはできかねます。
※現在お直し等は半年ほどお時間がかかります。
※修理については立田暁子さんのインスタグラムよりお問合せください。

配送・ラッピング