Envelope Select|[the last flower of the afternoon]紺青のsmock dress

使うほどに馴染むインディゴのワンピース

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」より、インディゴに染めたスモックドレスをご紹介します。羽織りとしても着られる、これからの季節に合わせやすいガーゼ生地のワンピースです。
インディゴ SOLD OUT

■インディゴの変化が楽しめるワンピース

「紺青のsmock dress」は、アンティークのスモックドレスとヴィンテージのメディカルウェアのディティールを組み合わせたthe last flower of the afternoon定番のワンピース。ガーゼ生地なので涼し気な印象です。

インナーに着たブラウス:[susuri]ボートタックブラウス(5月19日掲載予定)、スカート:朝月のwrap skirt着用、バッグ:[BUNON]mbroidery Drawstring Bagライトグレーモデル身長161cm)

パンツ:[susuri]ペコラパンツ ブラック 着用

身頃や袖の切り替えにはふんだんにギャザーが寄せられているので、後ろ姿も華やかに見せてくれます。


▲ゆったりと肩を落としたシルエット

▲脇にまちを取って、たっぷりギャザーを寄せたゆったりとしたデザイン

はじめは少ししっかりした手触りのガーゼ生地は、洗うたびに柔らかくなり、今年、来年、再来年と使う人それぞれのインディゴに変化していきます。

ガーゼをインディゴ染めした涼しげな生地

後ろの裾の内側には大きなタグがついており、ステッチが入っています。縫い糸の色がアクセントに。

▲裾のステッチと袖口のボタン


両サイドの白い裏地のポケットがワンポイント

■リボンの結び方でイメージを変えて

前のリボンを結んで、ワンピースが主役の着こなしに。結び方は緩めに結んでもきつめに結んでも、その日の気分で着こなしを楽しめます。

▲リボンを結んですっきりとした印象に

▲前を開いて軽やかに

▲隙間から重ねた服をのぞかせてレイヤードが楽しめます

■衣服に物語を


北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」は、感情や表情、思考、人格が個人の中にいくつもあるように、ひとつのテイストに縛られず、その時々の想いを表現しています。

SHOPPING MEMO

素材:コットン100%
サイズ:FREE 着丈 107cm、肩幅 62cm、袖丈 47.5cm、裄丈:74cm 

※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

※インディゴの特性上、色落ち、移染しやすいので水濡れなどの際はご注意ください。



配送・ラッピング