Envelope Select|[the last flower of the afternoon]咲き添ふ gather shirt dress

オリエンタルな雰囲気漂う、シックな花柄のワンピース

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」より、ふっくらとしたギャザースリーブが印象的な、シックなマンガン絣の花柄ワンピースをご紹介します。
ネイビー SOLD OUT

■クラシカルな雰囲気のワンピース

特徴的なベルト切り替えのヴィンテージナースドレスをイメージソースに製作したシャツワンピースです。少し落とした肩の切り替えから、ふわりと広がる袖のシルエットがクラシカルな印象落ち着いた花柄が大人っぽさを感じさせます。

▲ゆったりとした着丈、モデル身長161cm

▲丸みのある襟とふっくらとしたギャザースリーブ

 

ウエストのリボンをキュッと結んで、ゆったりとしたシルエットにメリハリを。

ひざ下まである着丈のワンピースは、1枚着ればその日の着こなしが完成する頼れるアイテムです。

▲ふくらみ過ぎず、すっきりと落ち着いたシルエット

 

ヴィンテージ感のあるギャザースリーブは、短すぎず袖丈に余裕があるので、ゆったりとした優しい印象に。

▲ウエストの切り替えに寄せられた上品なギャザー

▲丸みのある襟

▲よく見るとひとつひとつ表情の違うボタンが並びます

▲ゆったりとした袖とボタン


■2枚重なったスカート

ウエストの切り替えからのスカート部分は、前で2枚抱き合わせる巻きスカートのようなデザインです。パタパタと重なるスカートの動きが個性的なワンピース。

▲前で左のスカート部分を上に重ねて2枚重ねに

▲ウエストの右端にあるボタンとリボンでスカートを留めています

▲上になるスカートの左部分の内側

 

2枚重なったスカートは甘すぎず、さらりと動いて大人っぽい雰囲気です。

▲上に重ねたスカートの端が動きのアクセントに 

 

■深いネイビーに浮かび上がる花柄

生地に浮かびあがる花柄は、マンガン絣と呼ばれる染め絣の技法によるもの。現在は新潟の見附地区だけに残り、熟練の職人技によってつくられます。▲柄部分アップ


洗うほど柄が生地に馴染み、柄が先染めのように見えるのが特長。生地に無駄な負荷を与えず乾燥させることで、やわらかく肌当たりのよいふっくらとした着心地を実現しています。

▲生地はリネン70%、ラミー30%で軽やかな印象


透け感があるので、気になる方はペチコートをご着用くださいね。
▲前は2枚重なっていますが後ろは1枚

▲ふっくらとした裾部分

▲優しげな襟元
▲タグ部分
▲背中のタグは白い糸で縫いつけられています

■衣服に物語を


北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」は、感情や表情、思考、人格が個人の中にいくつもあるように、ひとつのテイストに縛られず、その時々の想いを表現しています。



SHOPPING MEMO

素材:リネン75%、ラミー25%
サイズ:着丈113cm、身幅50cm、裄丈26cm、袖口28cm

※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング