Envelope Select|【受注商品】[羽生直記]フライパン(垂直タイプ)【3月お届け】

縁がすっきり、垂直にタイプの鉄フライパン

使いはじめは凛々しい表情が、使い込むと渋みのある美しさが現れる、鍛造作家・羽生直記さんの鉄フライパン。コンロでの場所をとらない、縁が垂直に立ち上がったデザインをご紹介します。

こちらの商品は受注生産品です。ご注文からお届けまで、お時間をいただいております。また、ご注文後のお客さま都合でのキャンセル・変更は承れません。

ご注文期間:8月25日(水)10:00まで/お届け予定:2022年3月
【3月お届け】鉄ハンドルフライパンφ160※代引き不可 SOLD OUT
【3月お届け】鉄ハンドルフライパンφ200※代引き不可 SOLD OUT
【3月お届け】鉄ハンドルフライパンφ240※代引き不可 SOLD OUT
【3月お届け】木ハンドルフライパンφ160※代引き不可 SOLD OUT
【3月お届け】木ハンドルフライパンφ200※代引き不可 SOLD OUT
【3月お届け】木ハンドルフライパンφ240※代引き不可 SOLD OUT

■シンプルで美しいフライパン


鉄を何度も何度も繰り返し叩いてつくられる、羽生さんのフライパン。長く付き合っていけそうなシンプルで無駄のない形の中に現れる、鉄ならではの美しい表情にはっとさせられます。使ってみると、食材をとっても美味しく仕上げてくれて、食卓に出せば料理を引き立てる器に。

こちらでご紹介しているのは、縁が垂直に立ち上がったタイプ。縁が広がっていないので、コンロの上で場所をとりません。煮込みハンバーグなどソースを使う料理にもおすすめです。

▲重ねて収納できます


縁が傾斜しているデザイン(写真右)もあります

■エンベロープスタッフが使ってみました


まずは、φ160サイズで羽生さんイチオシの目玉焼きを。よく熱したフライパンに油を敷いて卵を落とすと、いつもよりジュッと大きな音をたてて卵が踊ります。

蓋はせずに数分。白身がふっくら、ふちのカリカリが嬉しい、とびきり美味しい目玉焼きが出来上がりました。

φ200サイズではパンケーキを。一枚焼くのにぴったりでした。弱火で長めに焼いたら、ふっくらと焼き上げることができました。焼きむらも味わいがあります。

φ240サイズなら大き目のステーキも。ステーキのコツは強火で焼くことですが、鉄なら高温がキープできるので◎ 焼き目がきれいについて、表面はかりっと、中はジューシーな焼き上がりになりました。

パエリアもつくってみました。こちらはお米2合分です。器のように食卓に溶け込むフライパンだから、あつあつのままテーブルへ。

▲食卓にのせるときは、鍋敷きがあると便利です

■ハンドルは2種類、お好みのものを


ハンドルは、鉄ハンドルと木ハンドルの2種類。接合部は溶着をせずにリベット止めなので、持ち手が熱くなりにくく安心です。

鉄ハンドルは手にカーブがなじむので持ちやすく、フックにかける穴があります。

木ハンドルは、水に強いチーク材を羽生さん自身が削りだしてヤスリがけをしているそう。これが、驚くほどすべすべなのです。

■鉄の道具ならではの、美しい表情


一枚の板に、なます(熱を加える)→叩くを何度も繰り返すことで出来上がるフライパン。全て手作業で行われるため、最大でも1日に2個しかつくれないそうです。

型などはなく、どこで叩く手を止めるかは職人の感覚によるもの。だからこそ、シンプルで無駄のない形でありながら、ひとつひとつ表情が異なります。

表面は蜜蝋仕上げ。食べ物を扱う道具なので、通常の塗装ではなく少しでも安心な蜜蝋を採用しているそう。

▲ただの真っ黒ではなく青や赤の色の揺らぎが感じられるのも、このフライパンの個性。鉄ならではの表情が楽しめます

■サイズは3種類、厚手タイプへの変更も承ります

サイズはφ160、200,240の3種類。また、通常は1.6mm厚ですが、φ200とφ400は2.3mm厚への変更も可能です(φ200は+1,100円、φ400は+1,650円)。

1.6mmはLサイズでも女性が片手で持てて、炒め物から焼き物まで使えるオールマイティータイプ。2.3mm厚は、厚切りのお肉や魚など、じっくりと火を通す料理がより美味しく調理できます。ご希望の方はご注文の際に、「厚み変更オプション」をお選びください。


▲左からφ240、φ200、φ160

▲(参考写真)厚みを比較。左:両手パンS 1.6mm厚、右:両手パンM 2.3mm厚

■鉄の道具を育てるお手入れポイント


羽生さんが鉄の道具をつくり続けるのは、「ずっと使えるものをつくりたかった」から。新品と経年変化をしたものを比べると、古くなったというより風格が。油がなじんで焦げ付きの心配もなくなります。

▲左が新品、右が経年変化したもの(写真は縁が傾斜しているタイプです)

最後に、お手入れの方法をご紹介します。

1.使う前に油ならしを
きちんと油ならしをすれば、食材がくっつきません。フライパンを空焚きして蜜蝋をとばし、常温に冷ましたら蜜蝋が残らないように金だわしでごしごしと洗います。空焚きをして水分をとばしたら、フライパンの高さ3分の1くらいまで食用油を注ぎ、野菜くずと塩を一つまみ入れて弱火で約20分じっくり炒めます。炒め終わったら、そのまま調理をしてください。すぐに調理をしない場合は、油をキッチンペーパーでふき取って保管を。


2.洗うのは洗剤+スポンジ
使用後は常温まで冷めてから、普段のスポンジと中性洗剤で洗ってください。よく「鉄のフライパンを洗うときは水で洗うだけ、洗剤はダメ」と言われていますが、洗剤くらいでは油脂の膜は落ちないそう。それよりきちんと汚れを落とした方が、衛生的に長く使えます。

3.洗った後は空焚き
水分が残っていると、錆の原因に。空焚きをして水分をとばしてください。

■関連記事

《つくり手ファイル》「ずっと使えるものをつくりたかった」/鍛造作家 羽生直記さんのフライパン

《スタッフ買い物帖》羽生さんのフライパン、2年使ってみて

《スタッフ買い物帖》どう使う?お手入れは?スタッフ4人が語る鉄のフライパンレポート

SHOPPING MEMO


材質:鉄
サイズ:
φ160 φ16cm×深さ3cm・持ち手16cm 約460g(鉄ハンドル)/約500g(木ハンドル)
φ200 φ20cm×深さ4.5cm・持ち手17cm 約750g(鉄ハンドル)/約800g(木ハンドル)
φ240 φ24cm×深さ5.5cm・持ち手18cm 約1000g(鉄ハンドル)/約1050g(木ハンドル)
厚み:1.6mm(φ200とφ400をご購入で2.3mm厚をご希望の方は、ご注文時に厚み変更オプションをお選びください)

※手仕事品ですのでサイズ・重量は大まかな目安です。多少の誤差はありますので、ご了承ください。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。
※IHではご使用いただけません。
※食洗機はご使用いただけますが、使用後に濡れたまま放置すると錆の原因となるため、すぐに空焚きして水分をとばしてください。
※こちらの商品は受注生産品です。ご注文からお届けまで、お時間をいただいております。
※同時に他の商品もご注文いただいた場合は、一番最後のお届け予定日に合わせて全商品一緒に発送いたします。
別日に発送をご希望の場合は備考欄にご記入ください(別途送料がかかります)
※受注生産のため、代金引換払いはご利用いただけません。また、ご注文後のお客さま都合での返品・キャンセル・変更は承れません。

配送・ラッピング