Envelope Select|[susuri]ポエータハイネックセーター

やわらかく、なめらかな着心地のシルクハイネックセーター

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)。昨シーズンもエンベロープでご紹介した、シルクのハイネックセーター。驚くほどなめらかな肌ざわりが魅力でご好評いただいたアイテムが、今シーズンも登場しました。

アイボリー SOLD OUT
ブラック SOLD OUT

■素肌に着たくなるほどの着心地

「言葉を静かに紡ぐ詩人」をイメージしてつくられた、ハイネックセーター。一枚ではもちろんレイヤードにも使える、秋冬には欠かせないアイテムです。

▲モデル身長162cm アイボリー着用


特筆すべきは、その肌ざわりのよさ。シルク97%の糸をホールガーメントで編み上げているため、素肌に着たくなるようなしっとりとなめらかな肌ざわりに。

すっきりとしたシルエットなのに、締め付けをほとんど感じない柔らかさは日々の装いの強い味方。シルクなので、秋から春先まで着ていただける実用性も嬉しいポイント。

susuriオリジナルパターンのリブ編みは、身体に添いながら適度なゆとりがあるので、一枚で着ても様になります。▲裾をインしても、もたつかずきれいなシルエットに

袖口と裾にとった広めのリブが、ほどよくフィット。生地が少したわんだシルエットもきれいに魅せてくれます。

襟のハイネック部分も袖口などと同じリブ仕様。長すぎないハイネックは首元をあたためながら、すっきりとみせてくれます。




■今シーズンのカラーは3色

今回登場したカラーは純朴な雰囲気のアイボリー、深みのあるシックなボルドー、どんな装いにも合うブラックの3色。かすかにつやを感じる上品な素材感です。▲アイボリー

▲ボルドー

▲ブラック

■2021AWのテーマは”WHITE NIGHT”

今シーズンのテーマは、ロマンティックな妄想を重ねた日常。デザイナーの齋藤龍也さんはこう伝えます。

「イメージしたのは、ドストエフスキーの小説”白夜”。夢見がちな青年が日の沈まないサンクトペテルブルクの夜をフラフラとあてもなく歩いていると、通りかかった橋の上で少女に出会い、瞬く間に恋に落ちてしまいます」

「青年の空虚な日々は意味を持ち、一夜毎に希望で輝いていくことになります。内気で繊細に甘く、ぼんやりとして憂鬱な四日間の短いこの物語は、高揚感や渇望、儚さや慈しみといった、目まぐるしく移り変わる人の心の有り様が、冷静で暖かな眼差しで生き生きと描かれています」

「希望を含んだ空想は、それが特にロマンティックであるほどに、いつの時代も小さな喜劇と悲劇を繰り返す日々に彩りを加えます。昼とも夜ともつかない曖昧な非日常を体験し続ける中で、起伏する感情から情緒的な空想を服に込めました」

 

関連記事

《スタッフ買い物帖》チクチクとさよなら。おしゃれの味方、シルクのハイネックセーター



《つくり手ファイル》服を着て始まる、自分だけのストーリー/susuri齋藤龍也さん

SHOPPING MEMO

素材:シルク97%、ナイロン2%、ポリエステル1%
後ろ着丈62cm(襟部分含まず)、襟6cm、身幅43cm、肩幅34cm、袖丈63cm

※平置きでの実寸のため、多少の誤差がある場合があります。
※液温は40°Cを限度とし、手洗いができます。部分的なつまみ洗いはせず、軽く押し洗いをしてください。
※洗濯後は直ちに脱水してください。
※吊り干しの場合、伸びや型崩れが生じることがあります。形を整えて平干ししてください。

配送・ラッピング