Envelope Select|[susuri]レヴ―ズドレス

モノクロ映画で少女が纏うドレスのように

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるsusuri(ススリ)。小花柄のリネン生地をたっぷりと贅沢に使った、クラシカルな雰囲気のワンピースをご紹介します。
ベージュ SOLD OUT


■古いナイトウェアを思わせる優美なワンピース

古いナイトウェアの印象を思い浮かべてつくられた、ロマンティックなワンピース。まるでモノクロ映画の中で、少女が纏っているドレスのようです。

ホームウェアのまま外出するような、夢想的なイメージで仕立てられています。▲モデル身長162cm



華美な装飾のないストレートな縦のラインに、ギャザーで膨らませた横のラインを組み合わせたシルエット。儚げな少女のような甘さと、大人の女性の凛とした表情を同時にたたえ、見る角度で表情が変化します。

襟元はバンドカラーですっきりとシンプルに。穴あきくるみボタンも、どこか端正でクラシカルな雰囲気を醸し出します。

ウエストの両サイドにはギャザーが寄せられています。たっぷりと生地を使っているので重量感があり、裾が揺れるたび優美な足元に。▲両サイドにはスラッシュポケットつき

袖の切り替えにもギャザーが寄せられているので、ふんわりと丸みを帯びたシルエットに。少し長めにつくられた袖丈が、より一層クラシカルな印象です。▲小さめにつくられた袖口にもギャザーが。袖口にたゆむ生地が美しい

バックスタイルはいたってシンプル。背面に合わせた縫い目が縦のラインを強調し、すっきりと上品な後ろ姿を演出してくれます

■どこかレトロな、趣ある可憐な小花柄

生地は厚みとコシのある亜麻色のリネンに、水を使わずネイビーの顔料でプリントを施したsusuriオリジナルのテキスタイル。どこかレトロな雰囲気の可憐な小花が、のびやかに広がります。

▲2021SSでも登場したボタニカル柄


着るほどにやわらかく肌になじむリネン生地に、少しずつ掠れ表情を変えていくプリント。愛用するほど風合いが増し、長い時代を経たかのような趣を感じることができます。


透け感のない生地感なので、一枚で着ることができます。


■2021AWのテーマは”WHITE NIGHT”

今シーズンのテーマは、ロマンティックな妄想を重ねた日常。デザイナーの齋藤龍也さんはこう伝えます。

「イメージしたのは、ドストエフスキーの小説”白夜”。夢見がちな青年が日の沈まないサンクトペテルブルクの夜をフラフラとあてもなく歩いていると、通りかかった橋の上で少女に出会い、瞬く間に恋に落ちてしまいます」

「青年の空虚な日々は意味を持ち、一夜毎に希望で輝いていくことになります。内気で繊細に甘く、ぼんやりとして憂鬱な四日間の短いこの物語は、高揚感や渇望、儚さや慈しみといった、目まぐるしく移り変わる人の心の有り様が、冷静で暖かな眼差しで生き生きと描かれています」

「希望を含んだ空想は、それが特にロマンティックであるほどに、いつの時代も小さな喜劇と悲劇を繰り返す日々に彩りを加えます。昼とも夜ともつかない曖昧な非日常を体験し続ける中で、起伏する感情から情緒的な空想を服に込めました」

 《つくり手ファイル》服を着て始まる、自分だけのストーリー/susuri齋藤龍也さん 


SHOPPING MEMO

素材:リネン100%
着丈 122cm、肩幅 36cm、身幅 50cm、袖丈 59cm、袖口 10cm

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング