Envelope Select|[the last flower of the afternoon]黙された言葉 gather shirt dress

秘密の刺繍を持つ、クラシカルなシャツワンピース

北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」より、羽織るとシャツコートにもなるクラシカルなワンピースが届きました。
ブラック SOLD OUT

■じつはシャツコートにもなるワンピース

特徴的なベルト切り替えのヴィンテージナースドレスをイメージソースに製作した、ゆったりとしたシャツワンピース。たっぷりある袖丈が印象的です。

▲ブラウン、モデル身長161cm

腰のリボンをはずして、ふっくらとした優しいシルエットも楽しめます。


▲ブラック、モデル身長161cm

前を開いて羽織ればシャツコートして着られるので、1
枚で着こなしの幅が広がるアイテム。たっぷりある生地感にゆったりとした身幅は、中にたくさん着込めそうなゆとりがあります。

▲中に佇む日々のchemisetteを重ねて羽織として

ウエストの切り替えには、後ろまでぐるりとたっぷり細かいギャザーが寄せられています。

▲両サイドにはポケットが

▲繊細なギャザーで後ろ姿も美しく
▲優しい丸みのある襟

▲よく見るとひとつひとつ表情の違うボタンが並びます

ゆったりとした丈感の袖は、ふっくらとしたシルエットをつくったり、リボンの結び方で印象を変えることができます。
▲ゆったりとした袖とボタン

▲ふわりと立体的な袖

■前で2枚重ねたスカート

2枚の身ごろを交差させ、抱き合わせる巻きスカートのようなデザインのワンピース。2枚重なったスカートは、サイドの深い陰影が甘すぎず大人っぽい雰囲気です。
▲前で左のスカート部分を上に重ねて2枚重ねに▲表はウエストの右端にあるボタンでスカートを留めています

裾がしっかりと重なり、乱れにくいので安心感があります


▲ゆったりしているのにシャープな印象のスカート

■誰も気づかないような秘密の刺繍

襟を立てると、そこには刺繍作家 金井塚友美さんの刺繍がさりげなく施されています。人からは気づかれにくい場所にこっそりと、まるで自分だけの秘密の刺繍のよう。

▲襟の下、ちらりと見える秘密の刺繍

▲ブラウン、背中のブランドタグのステッチと刺繍

▲ブラック

カラーは寒い季節のコーディネートに取り入れやすいブラウンとブラックの2色です。

▲ブラウン

▲ブラック

オーガニックコットンのムラ糸とネップ糸を使用した生地に、特殊な起毛加工を施したヴィンテージ感のあるふっくらとした生地はしっかりとした着心地

▲梨の皮のような細かい凹凸のある生地

同じ生地を使用した背中のボタンとタックが印象的なワンピース、belted work dressはこちら。


■衣服に物語を


北海道を拠点に活動するブランド「the last flower of the afternoon(ザ ラストフラワー オブ ジ アフタヌーン)」は、感情や表情、思考、人格が個人の中にいくつもあるように、ひとつのテイストに縛られず、その時々の想いを表現しています。



SHOPPING MEMO

素材:コットン100%
サイズ:着丈110cm、身幅50cm、肩幅46cm、裄丈64cm、袖口幅11cm

※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。

配送・ラッピング