KOHORO
    左から曙、根来

    左から曙、根来

    曙

    根来

    根来

    左から曙、根来 渕布合鹿椀 山岸厚夫 曙 根来

渕布合鹿椀 山岸厚夫

渕布合鹿椀 山岸厚夫
サイズ : Φ13.5cm×H10cm

 

合鹿地方で使われていたことから名前がついたといわれている、高台が高くつくられた椀。
年越しのおそば、お正月のお雑煮、具沢山のお味噌汁、ごはんを多めに盛る丼ごはん、特別な日にもいつもの日にも、存在感がありながら、普段使いにも使いやすいお椀です。

素地:
木の粉を固めてお椀の形を作り、漆を塗って仕上げています。
乾燥で木がそる、割れるということがないので、取り扱いも簡単です。
海外でも安心してお使いいただけます。

曙:
使っていくと黒漆が磨り減り朱の部分が多くなっていきます。
黒に見え隠れする朱が曙の空のようだと名前をつけたと言われています。

根来:
使っていくと朱漆が磨り減り黒の部分が多くなる根来塗り。
根来寺の塗りものに由来するといわれています。


ひとつひとつ色や刷毛目に個体差があります。写真をお送りして個別にお選びいただくことはできかねます。同じ品物を複数個ご注文いただいた場合は、なるべく似たものを揃えてお届けしています。 
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。ご了承ください。

*価格は消費税込みの金額です

配送・ラッピング

ショップ:KOHORO
カテゴリー