Envelope FOOD HALL|[APOC]パンケーキミックス

お店の味を自宅で。黄金配合のパンケーキ

「死ぬ前に最後に食べたいものは、APOC(アポック)のパンケーキなんです」

そう語るスタッフがいるほど、食べた人を魅了するのがパンケーキ専門店APOCのパンケーキ。保存料や香料を使わない、厳選した材料だけを使用した「黄金配合」でつくられたパンケーキを、ご自宅でつくってみませんか。

◆バターミルク SOLD OUT
◆4種セット SOLD OUT

■誰でも気軽に、おいしくつくれるように

表参道のパンケーキ専門店APOCのパンケーキをつくるのは、大川雅子さん。2011年にオープンをしてから10年間、大川さん自身がお店に立ってパンケーキを一枚ずつ焼いて提供しています。▲冷たいバターを添えて、ホイップクリームにレモンを絞りながら食べるのがAPOCおすすめの食べ方

お店で提供するものだけでなく、パンケーキミックスもひとつひとつ手づくり。

材料は、トランスフリーのオーガニックパームオイル、オーガニックのメープルシュガー、アルミ不使用のベーキングパウダーなど、厳選したものを使用。それを、誰にでもおいしくつくれるように考え抜いた「黄金配合」のレシピでミックスしています。

基本の配合であるバターミルクを焼いてみると、誰でもお店のようなパンケーキが焼けます。一口食べてみると、しっとり感があるなかでふわっと口溶けがよくて、いくらでも食べられそう。

味も甘さひかえめなので、食事にも、おやつにも、どんな食べ方も楽しめそうです。

■4種類のパンケーキミックス

エンベロープで取り扱う、バターミルク、コーンミール、グレイン、チョコレートの4つのミックスをご紹介します。

●バターミルク:もっちり、ふんわり感が嬉しいAPOCのスタンダード

保存料、香料は一切使っていない「黄金配合」のバターミルクパンケーキ。

バターミルクとはクリームからバターをつくるときに分離した乳脂肪のない水分のこと。日本では一般的に販売がされていないため、チーズをつくる過程でできた北海道産のホエイパウダーを使用しています。

低脂肪、高タンパクで栄養価が高く欠かせない成分。メープルシロップをたっぷりかけて、口溶けのよさとふんわり感を味わってください。

●コーンミール:とうもろこしの香ばしさとつぶつぶ感が特長

オーガニックのコーンミールを配合したパンケーキ。

乾燥させて細かく挽いたとうもろこしはグルテンを含まないので、サクッとした食感のパンケーキに焼き上がります。とうもろこし独特の香ばしさと自然な甘み、つぶつぶ感が特徴です。

ブルーベリーとの相性がよいので、生地に混ぜて焼いたりトッピングとしても。


●グレイン:3種類の穀物を配合。朝食やランチに食べたいパンケーキ

オーガニックの小麦ふすま、オートミール、ごまなど3種類のグレイン(雑穀)を配合。香ばしく焼き上がり歯ごたえがよく、もちもちとしたパンケーキです。

2枚分で1日に必要な食物繊維の1/3を摂ることができます。 朝食やランチタイムにベーコンやチーズ、レタスなどとご一緒にどうぞ。お弁当にもおすすめです。

●チョコレート:酸味のあるフルーツと合わせたい、リッチなチョコレート味

オーガニックメープルシュガーを多く配合し、南米ペルー産のオーガニックチョコチップとビターなココアパウダーをブレンド。ほんのり香るシナモンがアクセントです。

酸味のあるベリー類とも相性がよく、フルーツやホイップクリームを添えたり、重ねてデコレーションケーキに。

■おいしいつくり方

《材料》

パンケーキミックス:1袋
卵:1個(Lサイズ)
牛乳、豆乳、または水:125cc~250cc(ミックスの種類によって異なります)

《生地のつくり方》

1.ボールにミックス粉を入れて中央にくぼみをつくり卵1個を割り入れ、牛乳(豆乳または水)を加えて泡だて器でよく混ぜます。

※生地の中に有機パームオイルの白いつぶつぶが残ることがあります。

2.濡れタオルをかぶせて、室温で10~20分ほど休ませます。▲休ませたら、ふんわりトロリとした生地になっています

※分量内で、生クリームやヨーグルトまたはサワークリームを少量加えると、風味が増してサクッと焼き上がります。

《おいしい焼き方》

〇1袋で焼けるのは6~8枚。
〇ホットプレートは温度が均一でムラなくきれいに焼けます。
〇フライパンは24-25cmがおすすめ。

1.フライパンを中火でしっかりとあたためて、中央に14cm程度になるように生地を落とします。

※ホットプレートやテフロン加工のフライパンは油はなしでOK。鉄のフライパンなどの場合は、うすくひきます。油が多かったり、フライパンが熱過ぎたりすると、焦げやすくなるので注意。レードル、お玉は動かさず、生地を落とすときれいな丸になります。写真は[中尾アルミ製作所]シルクフライパンの24cmを使用

2.気泡が浮いてきて周りがふっくらしたら、ひっくり返します。気泡が大きくなる前に返すのが、ふっくら焼くコツです。▲大体1分30秒~2分くらいでひっくり返します3.もう一回ふっと生地が上がるのを見て、裏がきつね色に焼けたらできあがり。

おいしい食べ方

まずは定番。山積みのパンケーキに、バターとはちみつと合わせて。

ベーコンや目玉焼きと合わせて、朝食として。

グレインパンケーキにサーモスモークサーモンとクリームチーズを添えて、ランチタイムに。

最後に、大川さんから教えてもらったおいしい食べ方をご紹介します。

フレッシュバターを
・お店ではよつ葉の有塩バターのスライスを添えています。
ホイップバターも
・生クリームをオーバーホイップするとホイップバターになります。アメリカンな気分はこちらがおすすめ。ホイップで出てきた水分はバターミルク。生地に加えましょう。
メープルシロップも大切
・香りのよいダークなタイプがよく合います。
いろいろな食べ方
・時には、カリカリベーコン、ソーセージやピクルスなどを添えてブランチに。
・ハムやチーズをはさんでサンドイッチにすると、ピクニックやお弁当にも。
・焼きたてのパンケーキを何枚も重ね、クランベリージャムやホイップバターをのせて、その上からメープルシロップをたっぷりかけても。
・カットした野菜やフルーツをのせて顔を描いたり……

日々の食事やおやつに、いろいろな食べ方を楽しんでください。

■おまけ:APOCのパンケーキのためにつくったジャムも

APOCのパンケーキに合わせて、フラベドが特別なコンフィチュールをつくりました。宇和島ブラッドオレンジがベースの、ほんのりタイムが香るコンフィチュールです。

「私が料理やお菓子をはじめた頃、タイムが好きになったことを思い出すようなインパクトのある味でした。それと、ホイップクリームや紅茶に合わせてもとてもおいしかったです」

と、大川さん。こちらも合わせて、お楽しみくださいね。

商品ページはこちらから

 

 

SHOPPING MEMO

●バターミルク

品名:バターミルクパンケーキミックス
原材料名:小麦粉、有機パームオイル、ホエイパウダー(乳製品)、メープルシュガー、ゲランドの塩、膨張剤(トウモロコシ澱粉(非遺伝子組換))
内容量:287g

●コーンミール

品名:コーンミールパンケーキミックス
原材料名:小麦粉、有機コーンミール、有機パームオイル、砂糖、ゲランドの塩、膨張剤(トウモロコシ澱粉(非遺伝子組換))
内容量:263g
※黒い粒はコーンの胚乳部分です。

●グレイン

品名:グレインパンケーキミックス
原材料名:小麦粉、有機パームオイル、有機オートミール、有機小麦ふすま、メープルシュガー、ホエイパウダー(乳製品)、ごま、ゲランドの塩、膨張剤(トウモロコシ澱粉(非遺伝子組換))
内容量:240g

●チョコレート

品名:シナモンチョコレートパンケーキミックス
原材料名:小麦粉、有機パームオイル、メープルシュガー、ココアパウダー、有機チョコレートチップ、ホエイパウダー(乳製品)、ゲランドの塩、シナモン、膨張剤(トウモロコシ澱粉(非遺伝子組換))
内容量:250g

●4種類に共通すること

賞味期限:1か月以上あるものをお届けします
保存方法:高温多湿を避け冷暗所に保存してください
※稀に天然塩田由来の夾雑物があります。ご了承ください。
※アルミ不使用の膨張剤を使用しています。
※特にグレインとコーンミールは配合している雑穀類が高温多湿に弱く発酵しやすいため、開封前でも冷蔵庫での保存をおすすめします。

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。

配送・ラッピング