Envelope Select|[WASHIZUKA GLASS STUDIO]clear/smoke cup long

シンプルを追求した、コップらしいコップ

re_weekly300年以上続く“富山の薬売り”文化の中で薬瓶をつくるガラス職人が多くいたことから、富山は古くから“ガラスの街”と呼ばれています。
そんな富山で制作しているWASHIZUKA GLASS STUDIO 鷲塚貴紀さんの作品は、シンプルを追求したかたちの中に、素材の美しさが感じられます。

《つくり手ファイル》そこになじむガラスの器 /ガラス作家鷲塚貴紀さん
*価格は消費税込みの金額です

■探していたのは、定番になる美しいガラス


私たちが探していたのは、誰かの食卓の「定番」になるガラス。

1.シンプルで均整がとれている、どんな食卓にもすっと馴染むもの。
2.同じものが安定してつくられていて、お客さまの買い足しリクエストに応えられるもの。
3.それでいて、個人がつくっているもの。

こんなわがままを叶えてくれるガラスをエンベロープの定番としたいと探していました。そこで出合ったのが、WASHIZUKA GLASS STUDIOによるガラス作品です。

「作家というより職人」とご本人が話す通り、日々使う日用品を目指してつくられているWASHIZUKA GLASS STUDIOのガラスは、シンプルで潔いデザイン。

食卓で様々な素材の器と並べたときに溶け込むように、落ち着いた佇まいになるように制作されています。

■シンプルで簡潔なコップ


その中のひとつ、「cup long」はclear/smokeの2色展開のコップ。longタイプは、「THE・コップ」と名付けたくなるような、コップという形を追求したような簡潔なデザイン。ちょうど手にすっぽり収まるサイズで、とても持ちやすいです。

▲左:clear、右:smoke

〈clear〉
clearは底面を炎で焼成することで焦げ目がつき、ほんのり黄色い艶がでています。



〈smoke〉
うっすらとしたグレーを纏ったsmokeは、口元に黒いマットガラスを施し落ち着いた印象に。




■飲み物をいれてみました


炭酸水にレモン、ミントを合わせてすっきりと。

▲smokeは色付きガラスでも透明度がとても高いのが特長です

高さがあるので、コーヒーにゆっくりと牛乳を注いで2層のカフェオレに。

▲clear

■長く、大切に使いたいガラス


シンプルなデザインだからこそ、暮らしの定番として長く大切に使っていきたいWASHIZUKA GLASS STUDIOのガラス。ご自宅用に限らず、贈りものとしてもきっと喜ばれます。


関連記事


《つくり手ファイル》そこになじむガラスの器 /ガラス作家鷲塚貴紀さん

《note》毎日使いたい、シンプルなグラス帖


SHOPPING MEMO


素材:ガラス
色:clear/smoke
サイズ:直径約75mm×高さ約110mm
※手作業で制作しているため、色・形に多少の個体差があります。また、気泡や細かな傷、細かな黒点が入る場合があります。
※食洗機、電子レンジ、オーブンは使えません。
※耐熱ガラスではありません。熱湯をいれると割れる可能性がありますので、ご注意ください。
※画面表示の色は、ご利用の環境等により実際の色と多少異なる場合があります。

配送・ラッピング

箱入りラッピング不可
簡単ラッピング可(付属の箱を包装紙でお包みします)
ネコポス不可