Envelope FOOD HALL|[ターンムファーム]メローハバネロ

食事が楽しくなる、無農薬ハバネロのホットソース

ハバネロに魅せられたターンムファームの近藤卓さんが手掛けるホットソース「メローハバネロ」は、辛いだけでなくフルーティで奥深い味。トッピングすると毎日の食事が楽しくなります。

■つくり手のホットな想いが詰まってます

「メローハバネロ」のつくり手は、大阪を拠点にするターンムファームの近藤卓さん。

はじまりは2002年。石垣島でハバネロと出合い、すっかり魅せられた近藤さんは一面に実るハバネロが見たい一心で未経験から畑を耕します。

▲その辛さからは想像がつかないころんと可愛いかたちのハバネロ 写真提供/ターンムファーム

そして数年後、念願だった無数のハバネロを収穫。研究を重ね一年以上かけてホットソースを完成させます。

2018年には台風直撃により畑が壊滅状態になってしまいますが、国内の有機農家に栽培を委託し、自社でのソースづくりをつづけています。

近藤さんの情熱が注がれたホットソースは、ただ辛いだけでなくまろやかでフルーティ。ちょい足しすることで、新しいおいしさに出合わせてくれます。

■フルーティさが際立つ「マイルド」

ターンムファームのホットソースの中からフードホールが選んだのは二つの味。まずはこちらの「マイルド」。

マイルドは、ターンムファームの食品の中では辛さレベル1。マンゴーの甘さとハバネロの豊かな香りが合わさったフルーティなホットソース。心地よい辛さです。

ホットソースがはじめての方は、まずこちらから試してみるとよいのでは。

■ハバネロ3倍!刺激的な「エクストラ」

もう一つの「エクストラは」辛さレベル×3!ハバネロ、米酢、玉ねぎ、トマト、マンゴー、 ニンニク、塩と材料はマイルドと同じなのですが、3倍ものハバネロが使われています。

辛く濃厚なので、刺激を求める方にはこちらがおすすめ。食事にホットな辛さとおいしさをプラスしてくれます。

ちょい足しで新しいおいしさを発見

ターンムファームのおすすめの使い方はカレーや卵料理、バタートースト、ポテトサラダ、野菜スープ、ピザ、餃子、チャーハン、焼鳥、焼肉、ハンバーグ、タコス、ホットドック、お好み焼き、たこ焼き、お鍋、肉じゃが、味噌汁、豚カツ、唐揚げ、コロッケ、うどん……とのこと。

つまりどんな料理にかけてもおいしいですよということなのでしょう。

取り扱いがはじまる前から愛用しているエンベロープスタッフによると、チーズとの相性がよいそうで、ピザトーストやパスタ、リゾットなどにトッピングしているそうです。

そのほか、目玉焼きやチリコンカンをつくったときも使うそうです。

▲敷いているのは、LIBECO キッチンクロス スピールマン

ケチャップやマヨネーズ、ポン酢とも相性が◎辛さがマイルドになります。様々な調味料と合わせて、様々な料理にトッピング。辛さの波をお楽しみください。

SHOPPING MEMO

原材料名:マイルド/トマト、玉ねぎ、米酢、ハバネロ、マンゴー、ニンニク、塩
エクストラ/ハバネロ、米酢、玉ねぎ、トマト、マンゴー、 ニンニク、塩
内容量:120ml
賞味期限:2022年1月
保存方法:直射日光、高温を避けて保存してください。開封後は冷蔵庫で保存してください

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。