Envelope Select|[WASHIZUKA GLASS STUDIO]cup long

シンプルを追求した、コップらしいコップ

300年以上続く“富山の薬売り”文化の中で薬瓶をつくるガラス職人が多くいたことから、富山は古くから“ガラスの街”と呼ばれています。
そんな富山で制作しているWASHIZUKA GLASS STUDIO 鷲塚貴紀さんの作品は、シンプルを追求したかたちの中に、素材の美しさが感じられます。

《つくり手ファイル》そこになじむガラスの器 /ガラス作家鷲塚貴紀さん
charcoal SOLD OUT

■探していたのは、定番になる美しいガラス

私たちが探していたのは、誰かの食卓の「定番」になるガラス。

1.シンプルで均整がとれている、どんな食卓にもすっと馴染むもの。
2.同じものが安定してつくられていて、お客さまの買い足しリクエストに応えられるもの。
3.それでいて、個人がつくっているもの。

こんなわがままを叶えてくれるガラスをエンベロープの定番としたいと探していました。そこで出合ったのが、WASHIZUKA GLASS STUDIOによるガラス作品です。
「作家というより職人」とご本人が話す通り、日々使う日用品を目指してつくられているWASHIZUKA GLASS STUDIOのガラスは、シンプルで潔いデザイン。

食卓で様々な素材の器と並べたときに溶け込むように、落ち着いた佇まいになるように制作されています。

■シンプルで簡潔なコップ

「cup long」はclear、charcoalの2色展開のコップ。longタイプは、「THE・コップ」と名付けたくなるような、コップという形を追求したような簡潔なデザイン。ちょうど手にすっぽり収まるサイズで、とても持ちやすいです。
▲左から clear、charcoal

▲charcoal

〈clear〉
clearは底面を炎で焼成することで焦げ目がつき、ほんのり黄色い艶がでています。

charcoal〉
濃いグレーは、ガラスでありながら通年を通して使いたくなるシックな色。口元には黒いマットガラスが施されています。
カップは、飲み口が広く高さが低い「cup short」もあります。shortタイプのページはこちらからどうぞ。
▲手前 cup short 奥 cup long

全て手づくりでつくられているので、ひとつひとつ形が違い、ガラスには多少の気泡や黒点など手仕事の跡が入ることがあります。個性として楽しんでいただければ嬉しいです。

■飲み物をいれてみました


炭酸水にレモン、ミントを合わせてすっきりと。charcoalに入れれば炭酸水もシックな雰囲気に。
高さがあるので、2層のカフェオレなど色の変化を愉しむ特別な飲みものにもぴったり。▲clear コーヒーはkatakuchi shikakuに入れて
▲お茶の時間には、cup shortにデザートを入れて合わせて使っても

 

■長く、大切に使いたいガラス


シンプルなデザインだからこそ、暮らしの定番として長く大切に使っていきたいWASHIZUKA GLASS STUDIOのガラス。ご自宅用に限らず、贈りものとしてもきっと喜ばれます。


関連記事


《つくり手ファイル》そこになじむガラスの器 /ガラス作家鷲塚貴紀さん

毎日使いたい、シンプルなグラス帖


SHOPPING MEMO


素材:ガラス
色:clear/smoke/charcoal
サイズ:直径約70mm×高さ約110mm
容量:約250ml
※手作業で制作しているため、色・形に多少の個体差があります。また、気泡や細かな傷、細かな黒点が入る場合があります。
※食洗機、電子レンジ、オーブンは使えません。
※耐熱ガラスではありません。熱湯をいれると割れる可能性がありますので、ご注意ください。
※画面表示の色は、ご利用の環境等により実際の色と多少異なる場合があります。

配送・ラッピング

箱入りラッピング不可
簡単ラッピング可(付属の箱を包装紙でお包みします)
ネコポス不可