《STAFF PICK》夏に着たいシルクの服

さらりとした肌ざわりで心地よく、梅雨時季や夏にも快適なシルクやコットンシルクの服をご紹介します。

夏の日差しのもとで着こなしたいのが、愛らしい鳥たちが描かれたバードギャザーワンピース。カジュアルに着用できるコットンシルク素材です。

一枚でも絵になるワンピースは、夏小物やデニムと合わせてこの時季らしい装いを楽しんで。▲淡いブルーは、日差しを受けてよりさわやかな印象

夏のお出かけ着におすすめなのが、上質なシルクを日常着に提案するuryyaのカフタンドレス。シルク100%だから長袖でもさらりと快適な着心地です。

控えめな光沢と抜け感のあるデザインのおかげで、ダークトーンのコーディネートも重くならず、シックな雰囲気に。山ぶどうかご[SALUÉ]イージーパンツを合わせて▲デコルテをきれいに見せてくれる襟ぐりには、光を反射するさりげないルチルクオーツのネックレスと合わせて。インにはシルクのキャミドレスを。

コーディネート次第でいろいろな着こなしを楽しめるのが、上のコーディネートのインナーにも使っているシルクのキャミドレス

長めに入ったピンタックがポイントのシンプルなシルエットのワンピースです。

袖ぐりが深めなので、シルクニットやブラウス、ワンピースに重ねたり、合わせるものを選びません。盛夏にはキャミソールワンピースの上に一枚で着てインドの手織り布カディの素朴な雰囲気を味わって。▲(左)[BUNON]Kantha Gather Dressを下に着て (右)[susuri]ショアーセーター[SALUÉ]white label スムース パンツと合わせて

 夏は涼しく、冬はあたたかいシルク素材。インナーなど合わせるものを工夫すれば一年を通して楽しめますよ。

 (モデル身長 170cm)

staffpick220615