Envelope online shop

フリーダイヤル:0800-800-0925
携帯電話・PHSから:03-6432-7385(有料)

配送・送料についてはこちら »

Envelope FOOD HALL | [酢屋茂]甘酒 糀からつくる、昔ながらのやさしい甘酒

1893(明治26)年創業の老舗醸造元「酢屋茂」。長野県北佐久郡の立科町の気候風土をいかして、伝統的な製法で味噌、醤油、甘酒づくりをしています。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Pin it
  • Google+でシェア
SALE  → 
残りわずか
Sold out
注文数:

*価格は消費税込みの金額です

■酢屋茂の甘酒づくり


酢屋茂の甘酒は米と米糀のみでつくる米糀甘酒。アルコールが入っていないので子供も安心して飲むことができます。1袋に水(300~400cc)を加えると4、5人分になる濃縮タイプです。

甘酒は、蒸した米と糀菌で二昼夜かけてつくられた米糀を、おかゆに混ぜ、55℃~60℃で5~6時間保温して完成します。大切なのは温度管理。間違えると甘みが出なかったり、酸味が出たりするので一番神経を使うところです。

▲長野県産の米を使用。米のつぶつぶ感が少し残っています

■濃厚でありながら、すっきりとした飲み口


甘味は米由来の自然な甘さです。蔵ぐせといわれる蔵の微生物の影響がでやすい甘酒。120年以上歴史がある酢屋茂でつくられる甘酒は、昔、家でつくっていたような懐かしい味がします。

▲お湯で割ったもの。生姜を入れてもおいしい

■混ぜるだけだから、毎日楽しめる


今では一年を通して取り入れている方も多い甘酒。水やお湯で割ったり、牛乳、豆乳、ヨーグルトに加えたり楽しみ方は無限大です。

▲無糖ヨーグルトと一緒に。ヨーグルトの酸味に米のやさしい甘味、米糀の香りがおいしいデザートになります

酢屋茂の今井さんおすすめは、甘納豆を甘酒であえたもの。ひと手間で奥行きのある甘味が出て、お茶請けにもぴったりです。

▲左から、くるみ、甘納豆、大豆。おもてなしでも喜ばれそうです

■やさしい甘味の調味料


砂糖やみりんのかわりとして使えます。甘酒は料理に甘みを加えるだけでなく、素材の旨味を引き出してくれるという優れもの。糀の力がお肉をやわらかくする効果もあります。

少しずつ使う場合は、保存袋に入れて冷凍保存がおすすめです。シャーベット状になるので使うときは必要な分だけ使えて便利です。

▲醤油と甘酒だけで味付けをしたスペアリブの甘辛煮。甘酒のとろみで煮汁がお肉によく絡みます

■つくり手の人柄が味に


取材でお店を訪ねたときにお話を伺ったのは、5代目・今井総一郎さん。歴史のある醸造元でありながら、柔和で誠実な姿勢で味噌づくりをされているのが印象的でした。甘酒や味噌のやさしい味も、その人柄が出ているのかもしれません。

▲5代目・今井総一郎さん

▲創業当時から変わらない建物。看板は3代目直筆のもの

《おいしいつくり手》天然醸造でつくる味噌/酢屋茂 今井総一郎さん
《おいしいつくり手》天然醸造でつくる味噌/酢屋茂 今井総一郎さん


SHOPPING MEMO


名称:甘酒
原材料名:米、米糀
内容量:250g
賞味期限:2019年5月12日
保存方法:直射日光を避け、涼しい所に保存してください
開封後は要冷蔵(10℃以下)で保存し、お早めにお召し上がりください

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。

配送・ラッピング
箱入りラッピング 不可
簡単ラッピング 不可
ネコポス 不可
※この商品は日本国外への配送ができません

関連商品

カートに入れるボタンへ ▲