Envelope FOOD HALL|[やまくに]やまくにのいりこだしつゆ

銀付きいりこを贅沢に。お湯で希釈するだけのだしつゆ

創業明治二十年のいりこの製造・加工元「やまくに」がつくる、いりこのだしつゆ。香川県伊吹島の希少な銀つきいりこを贅沢に使った、濃厚だけど上品な味です。

◆200ml SOLD OUT

■選りすぐりの「銀付いりこ」を使って

「いりこだしつゆ」に使われているのは、いりこの名産地である瀬戸内海伊吹島の「銀付きいりこ」です。 ▲伊吹島周辺は海流が緩やかなため、柔らかくだしがよく出る片口いわしが育つのだそう 写真提供/やまくに

銀付きいりことは、うろこがきれいな銀色で漁網の傷がついていない特別ないりこのこと。とても希少なこのいりこをさらに選りすぐって、いい状態のものだけが使われています。

■鮮度抜群のいりこを手作業で加工

いりこの材料となる片口いわしは、酸化しやすい青魚。加工までの鮮度がとても大切です。その点、伊吹島は漁場から加工所までが近いので、新鮮なまま加工できるのが強み。水揚げ後から茹で上げ、乾燥までスピーディに行うことができます。

頭やハラワタなどを取り除く工程は、なんと手作業。昔の日本の台所では当たり前にあったであろう、そんなシーンを思い起こさせます。

その後焙煎加工をしてだしをとってから、本みりん、しょうゆ、和三盆、三温糖などで調味して完成です。

化学調味料や保存料が使われていないので、開封後は日持ちはしませんが、だからこそ安心して使えます。

■だしを取る時間がない時でも

いりこだしつゆは、お湯で希釈して使います。

煮物には6〜8倍、かけうどんには8〜10倍、そうめんや鍋のだしには3〜5倍のお湯で希釈するのが目安です。
濃厚だけど、くさみや苦みのない上品なだしがベースになっただしつゆは、家庭的でほっとする味。だしを取る時間がない時に、あると便利な1本です。ぜひ様々な料理に活用してください。

SHOPPING MEMO

原材料名:本みりん、醤油(本醸造・国産大豆使用)、三温糖、塩、 いりこ、うるめ節、和三盆糖、さば節、 (原材料の一部に小麦、大豆を含む)
内容量:200ml
賞味期限:2021年9月

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。

配送・ラッピング