LISETTE-オリジナルファブリックが彩る冬のスカート

どうしてもトーンダウンしてしまう冬の装い。気持ちも暗くなってしまう前に、リゼッタオリジナルファブリックの服で冬を彩りませんか。
コートからちらりと覗かせることのできるスカートなら、いつものコーディネートをひとつ変えるだけで華やかに。
デザイナーの想いがたくさんつまったデザインで、冬の毎日にこだわりを添えて。


EMBROIDERY

;;メレディス;;

フリーハンドで描いた鳥と植物の刺繍。
手書きの感じを再現できるように、針の刺す方向にこだわりました。
立体感が出るように針数を変え、表情豊かな仕上がりに。
刺繡糸も、あたたかみが出るようにウールトップ糸を使いました。


コレクションページ「鳥と植物のオリジナル刺繍を施したコートとスカート」はこちら

LACE

;;ロシェル No.13;;

古い映画に出てくるアンティークのペチコートに思いを馳せてつくられました。
アンティーク特有の少し落ち着いた何とも言えない色、手刺繍の雰囲気を出すために何度も失敗を繰り返して。
15年前に初めて登場してから、現在のデザインNo(ナンバー)は13までになりました。


【終了しました】「私のすきなペチコート・ロシェル」復刻3型 予約販売会はこちら
デザイナー平が綴るおはなし「《リゼッタのアトリエを訪ねて》ペチコートのはなし」はこちら

PRINT

;;サロメ ~フラワーフォレスト~;;

テーマはL・M・モンゴメリ著「Anne of Green Gables」。
少女の愛した森のなかに咲く野の花をイメージして描かれたテキスタイル。
手書きだからこその奥行きのある柄になりました。


コレクションページ「フラワーフォレスト ~切妻屋根に棲む赤毛の少女~」はこちら
デザイナー平が綴るおはなし「Story No.56 森のなかの花園」はこちら(外部リンクにとびます)


;;ミーラ ~ラパン・ラ・ニュイ~;;

昼間の賑やかな色彩が混ざり合い深く吸いこまれていく闇夜、輪郭のゆがむ月。
しんと静まる森を背景にそれらとは対照的に精緻な筆遣いで2羽のウサギが躍動的に描かれたテキスタイル。
リゼッタ最新作のオリジナルテキスタイルです。
コレクションページ「Lapin la nuit - 闇のなかに浮かぶ月と照らされた森 -」はこちら

lisette-beautiful-skirt-for-winter
タグで絞り込む: スカート

LISETTEのよみもの

わたしのポルトモネ

わたしのポルトモネ

スタッフが愛用するリゼッタのがま口財布「ポルトモネ」。第1回目はディレクターたいらから
リゼッタの定番図鑑

リゼッタの定番図鑑

リゼッタのロングセラーを紹介。第12回目は「コサージュ」です
note:教えてリゼッタ

note:教えてリゼッタ

リゼッタのショップスタッフに聞くファッションの気になること
note:アトリエから

note:アトリエから

リゼッタのアトリエから服づくりやおしゃれのおはなしをお届けします
Today's cordinate

Today's cordinate

お天気や気分次第。リゼッタのショップスタッフの今日のコーディネート