LISETTE-ショップスタッフがつくる夏のSTYLE vo.1

リゼッタ日本橋店スタッフあらかわが提案する夏のスタイリングを2回に分けてお届けします。

あらかわの身長は157cm。普段オンラインでご紹介しているモデル身長は166cm。
身長が変わると印象ががらりと変わるので、その違いにご注目ください。

また、スタイリングのポイントについても語ってもらいました。
みなさんの夏の装いづくりの参考にしてくださいね。

STYLE1.ワンピース「ぺグ」

▲ペグはワンサイズ。あらかわ(157cm)も166cmモデルも同じサイズを着用しています。
【スタイリングのポイント】
淡い色味の涼し気なワンピースだからきらきらしたアクセサリーを合わせました。
淡水パールの華奢なネックレスやゴールドのラメが入ったサンダルなど。
淡い色の洋服にはピンクベージュのインナーが表に響かずよいと思います。
キャミソールの「エリカ」とペチパンツの「ヴィオレーヌ」を着ています。
リゼッタの中では着丈が短めなサンドレスなので、小柄な方もぜひ試してみてください。

STYLE2.ジャンパースカート「ジョルジェット」

▲あらかわ(157cm)着用サイズは36サイズ、166cmモデル着用サイズは38サイズです。
【スタイリングのポイント 】
黒のジャンパースカート「ジョルジェット」はモノトーンの組み合わせで着たいと思いました。
きちんとした印象にまとめたいのでTシャツよりブラウスをセレクト。
ブラウス「エルヴィラ」との組み合わせを気に入っていて、お店でボディにもよく着せています。
左胸には黒いブローチを、バッグも革のショルダーバッグ「バンドリエール・ヴィヴィ」を合わせて。

わたしが着ると丈は長めですが、スリットがあるので小柄な方も軽やかに見えて、動きやすいのもうれしい1枚です。

STYLE3.ワンピース「ニノン」

▲あらかわ(157cm)着用サイズ、166cmモデル着用サイズともに36サイズです。
【スタイリングのポイント】
主張するカラー同士を組み合わせてみました。
ワンピース「ニノン」は紫色、バッグ「サック・クイール・ジジ」は赤。
ペチコートとして履いた「ロシェルNo.13・ロン」とジャズシューズの白がほどよく中和してくれます。
わたしの背丈だと34サイズでもいいのですが、あえて36サイズを選んでゆったりと甘さを抑えて着ています。

STYLE4.ワンピース「ルネ ノアール×サブレ」

▲あらかわ(157cm)着用サイズは34サイズ、166cmモデル着用サイズは36サイズです。
【スタイリングのポイント】
ゆったりしたワンピースだけれど、リラックスした感じというよりきれいに着たいと思いました。
透けるのでペチパンツに「ジョゼ」を履いていますが、カジュアルにならないよう裾から見せずに着ています。
AVRILのヒールサンダルを合わせればよりエレガントに。

STYLE5.ワンピース「アンジェリーヌ」

▲あらかわ(157cm)着用サイズは36サイズ、166cmモデル着用サイズは38サイズです。
【スタイリングのポイント】
ブラウジング少なめに大人っぽい着丈になるようにベルトを締めて着ました。
胸元には「エーデルワイスのブローチ」、そしてかごバッグを持って小物で夏らしさを演出。
着丈はくるぶし丈ですが、透け感あるリネンとふわっとするシルエットで見た目よりも軽やかさを感じます。
インナーに履いたペチパンツ「アメリ」は隠れてしまうのですが、透け感のあるリネン地からうっすらひだを寄せたシルエットが見え隠れする繊細さが好きです。

STYLE6.ワンピース「セブリーヌ」

▲あらかわ(157cm)着用サイズは36サイズ、166cmモデル着用サイズは38サイズです。
【スタイリングのポイント】
夏のサンドレスをきちんとした雰囲気でまとめました。
リネンのサンドレスだけれど靴はサンダルではなく、AVRILのエナメルヒールパンプスで。
アンティークのビーズのクラッチバッグを持ちました。
下に履いたペチパンツ「アメリ」は、裾にボリュームがあるからワンピーススカートがぺたっとならず、シルエットを美しくつくる役割もあるんですよ。

lisette-shopstaff-summer-styling

LISETTEのよみもの

リゼッタの定番図鑑

リゼッタの定番図鑑

リゼッタのロングセラーを紹介する「定番図鑑」。第2回目は靴下「ショーセット5」です
note:教えてリゼッタ

note:教えてリゼッタ

リゼッタのショップスタッフに聞くファッションの気になること
note:アトリエから

note:アトリエから

リゼッタのアトリエから服づくりやおしゃれのおはなしをお届けします