LISETTE-襟のようなレース/メイドインジャパンの細畝コーデュロイ

::襟みたいなレース::


ぐるっと三角の連なるスカラップが印象的。
ちいさな楕円の穴だけのシンプルなレースは、小さいタックを丁寧にたたみ、首元に沿わせればそれはまるで襟のように。


2020AW新作のオリジナルレースは、ブラウス「セシル」と同じ高密のコットンブロードを使ってつくりました。
流通しているコットンレースよりブラウスと一体感があります。レースというより飾り布。
刺繍には向かない高密な生地だからこそ特別な存在感があります。


縦に並んだ姿はなんかあの恐竜の背びれのようで、「ステゴゾリュスレース」と名付けました。


飾り立てるレースではなく、服のフォルムの一部として。

::メイドインジャパンのコーデュロイ::


秋冬定番のテキスタイル、コーデュロイ。
リゼッタが今シーズン使用したのは、綿の名産地 静岡県に工場を構える1964年創業の老舗テキスタイルメーカーのコーデュロイ生地。


国内外の高級メゾンからも高い支持を得ているテキスタイルメーカーが手掛けるコーデュロイは、出回っている生地の9割以上を占めるといわれている海外製とは比較にならないほど柔らかく、畝が美しいのが特徴。

遠州の豊かな水を利用しながら時間と手間をかけてつくりだしていく生地は、 極細の畝でもふっくらと膨らみ、上質な光沢感をもちます。


陰影が美しいリゼッタの深いチャコール。 大人の雰囲気でコーデュロイを楽しんで。

lisette-thin-ridges-corduroy

LISETTEのよみもの

note:教えてリゼッタ

note:教えてリゼッタ

リゼッタのショップスタッフに聞くファッションの気になること
note:アトリエから

note:アトリエから

リゼッタのアトリエから服づくりやおしゃれのおはなしをお届けします
Today's cordinate

Today's cordinate

お天気や気分次第。リゼッタのショップスタッフの今日のコーディネート