Envelope Select|[SUSURI]ルパシカセーラー

ブラウスとアウターの中間を担う、機能美に富んだ一枚

「日々の旅」をコンセプトに服をつくるSUSURI(ススリ)。ブラウスとアウターの中間のような存在感で、プラスすることでコーディネートの表情をつくる「ルパシカセーラー」をご紹介します。

クリーム SOLD OUT

■ブラウスとアウターの中間を担う

古典的な土台に機能的なディティールが詰まったルパシカカーラー。

ブラウスとアウターの中間のような存在感で、ジャケットのようにきちんと感がありながら、セーターやトレーナーのように動作しやすく、ボタンをはずして上からばさっと被るだけで着られます。

▲クリーム、トップスのインナーにはポエータハイネックセーターを着用



■レイヤードしやすい丈

短めの丈はショート過ぎず、ボトムスと重ねたときにバランスがとりやすい長さ。ヨーロッパの宮廷服を思わせるデザインは、コーディネートの表情をつくる雰囲気のある一枚です。
▲ルパシカセーラーの下にはムールロングベストを着用


▲ブラック



■オリジナルのボタンをポイントにして

植物の実のようなボタンが中央に8つ、左右の袖に1つずつ付いています。コロンとした重みのある様子と、そこに描かれたぽつぽつとした斑点がささやかながらも全体のデザインに印象付けます。



▲ホワイトにはゴールド、ブラックにはシルバーのボタンと色味は異なります

畝のあるコーディロイとベッチンという同素材でも感触の異なる2つ組み合わせが、シンプルでありながら深みのある表情をつくっています。


■やわらかい肌触りで、あたたかみのある風合いのコーデュロイ

生地はコットンで織りあげた中太コーデュロイ。くったりとやわらかく、いつまでも触っていたくなるような肌ざわりです。軽くてしなやかな生地は身体に寄り添い、長時間着ていても心地よく着られます。



2022AWのテーマは”CONNOTE”

SUSURIは今シーズンのテーマを「CONNOTE」と謳い、"何かの中に別の何かの要素の何かが含んでいる"そんなメッセージを持って服を制作。

幻想と現実、無垢と経験、しとやかさとおおらかさ、複雑さと明瞭さ、繊細なと大胆な……こんな対比をキーワードに、何かと何かを組み合わせる服。別の要素を内包する服。というのが、今季のsusuriの取り組み。
狭い安心な世界を生きてきた者が、責任を持つ必要のある世界との狭間に落ち、新しい美や人の感情の幅を知って抱えきれずに溢れかかる。

そんな物語を通じて感じる精神性を背景にしてイメージを膨らませたシーズン。多面的で自由、力強くて脆い、儚く純粋、というキーワードも。
微起毛の加工や毛羽の組織、ループの糸や毛足のある糸など、表情があって温かみを感じる生地を多く使用し、それと対比させるように、サテン地やキメの細かいリネンやコットンシルクなどフラットで鈍く輝く生地を混ぜ込むラインナップ。

多色の糸使いや配色ステッチ、無地と柄、カラーブロッキングや感触の異なる素材の組み合わせなど、一枚の中での小さな驚きを閉じ込めた生地使いを意識してつくられています。

《つくり手ファイル》服を着て始まる、自分だけのストーリー/SUSURI齋藤龍也さん 

SHOPPING MEMO

素材:コットン100%
身幅:51㎝ ゆき丈:71㎝ 総丈:49㎝
素材の特性上、ネップやシワ、ヨレや畝、があります。