Envelope wellbeing|[かなや刷子]足裏用ブラシ

念入りに洗いたい足裏に。職人がつくる豚毛のブラシ

創業大正3年。天然毛ブラシのよさを今に伝える「かなや刷子」より、心地いい刺激の足裏用ブラシをご紹介します。

■天然毛の魅力って? 

「まるで誰かに洗ってもらっているみたい」

そんなちょっとした感動をもたらしてくれる、かなや刷子の足裏ブラシ。

ブラシ部分は豚毛、切り揃えられた短い毛はほどよく硬めで心地いい刺激です。

ケアが届きにくい足の指の間にも行き渡り、身体のすみずみまできれいにしてくれる感じがします。


使っていくうちに、毛先が摩耗してその人の肌になじんでいくのが天然毛ならではのよさ。

お使いの際はブラシに直接石鹸の泡をつけてもいいですし、泡を足元に広げたあとにブラッシングしても。どちらでも大丈夫です。

疲れがたまりがちな足をマッサージするように洗ってあげてください。

■柄の部分は天然木、爽やかな香りです

本体には天然木が使われています。清潔感のある木目で、ほのかに木の爽やかな香りがします。

一つご注意していただきたいのが保管方法。浴室内でカビが生えないように、使い終わったら水気を切って保管しておきましょう。

柄に穴がついているので、吊るして乾かすと衛生的に使えます。

同じく豚毛でもやわらかな肌あたりのボディブラシもご用意しています。こちらは柄が長く、背中も無理なく洗えます。

▲スーパーソフトタイプのボディブラシも合わせてどうぞ

■入浴前のドライブラッシングにも

ブラシは身体を洗う時だけでなく、乾布摩擦のように乾いた肌のブラッシングにも使えます。

入浴前にくるくるとブラッシングするとぽかぽかとあたたかくなり、代謝アップが期待できそう。

一日の疲れをほぐすようにマッサージすると、湯舟につかる時間がよりリラックスできそうですね。

■職人がつくる、暮らしのブラシ

かなや刷子は、大正3年創業の老舗ブラシメーカーです。

浅草や合羽橋など現在5つの店舗をかまえ、暮らしのブラシから職人やプロが使うブラシまであらゆるブラシを手掛けています。

ラインナップはボディブラシやメイクブラシなど身だしなみ用から料理、掃除、洋服、さらにペット用も。

どれも用途に合わせて、豚毛や馬毛、猪毛などの天然毛を選び、都内の自社工場で職人の手でつくられています。

▲天然毛を使ったブラシ。制作のために動物は犠牲にしていないそうです

使う人やモノに合わせて、なじんでいくのが天然毛の特徴。化学繊維がメインとなった今も、味わい深さのある佇まいカナヤ刷子のブラシは暮らしの中で役立っています。


現行商品がなくなり次第、ロゴが変更になる場合があります

SHOPPING MEMO

素材/豚毛、天然木
サイズ/全長:220mm 幅:58mm 高さ:35mm 毛丈:20mm
日本製

※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。
※デザインは予告なしに変更する場合があります。

配送・ラッピング