Envelope Select|[WASHIZUKA GLASS STUDIO × Envelope]ashitsuki dessert glass short

[WASHIZUKA GLASS STUDIO × Envelope]ashitsuki dessert glass short

300年以上続く“富山の薬売り”文化の中で薬瓶をつくるガラス職人が多くいたことから、富山は古くから“ガラスの街”と呼ばれています。
そんな富山で制作しているWASHIZUKA GLASS STUDIO 鷲塚貴紀さんに、エンベロープオリジナルのグラスをつくってもらいました。

●今期数量限定でのご紹介です。

《つくり手ファイル》そこになじむガラスの器 /ガラス作家鷲塚貴紀さん

ashitsuki dessert glass short SOLD OUT

■おやつの時間をもっと特別に

昨年から家で過ごす時間が増えるなかで、お家でゆっくりと甘いものを楽しむひとときが今まで以上に特別なものになった……という方も多いのではないでしょうか。

このデザートグラスを企画したスタッフも、その一人。

そんな「おやつの時間」がもっと特別になるデザートグラスをつくりたくて、washizuka glass studio 鷲塚さんにお願いをしました。

いざ形やサイズを研究してみると、デザートグラスと一言で言っても実はおやつによって“ちょうどいい”サイズが違う。

それなら2種類つくっちゃおう!と「プリン」と「かき氷」のイメージでつくってもらうことにしました。

▲左:プリンをイメージしたグラス(このページで紹介しているグラス)、右:かき氷をイメージしたグラス

 

こうして出来上がったオリジナルのデザートグラスは、いわゆる昭和の喫茶店にありそうなレトロなものとは異なり、手仕事の跡を感じながらもシンプルで均整がとれたもの。

▲もちろん、デザート以外にもお使いいただける美しいグラスが2つ届きました

 

ステムの底にはほんのり黄色くバーナーで焼き付けた跡があり、ガラスという天然素材ならではの美しさを感じます。

▲ほんのり黄色く色づいたガラス

■プリンが美しく、最後まで食べやすいグラス

プリンをイメージした「ashitsuki dessert glass short」は、プリンが美しく映えるようボウル部分の立ち上がりを低めに、まわりにフルーツを飾っても楽しめるサイズ感にしました。


▲低めの安定感のあるシルエットに平たいお皿

 

食べ終わりのプリンまできれいにすくえるように計算された立ち上がりのカーブ。

▲最後まですくいやすいんです

 

シンプルなプリンでも豪華に着飾ったプリンにも似合うシンプルで美しいシルエット。

▲シンプルなプリンを乗せて


▲いつものプリンを少しおめかしして

▲果物も盛り付けて、おうちでカフェのようなプリンを再現してみませんか

プリン以外にもヨーグルト、アイスクリーム、ゼリーなど、果物を入れるだけでも様になります。

▲シンプルに果物を盛り付けて

 

デザートだけでなく前菜やサラダを盛り付けて、いつもの食卓の雰囲気を変えてくれるアイテムです。

▲冷製スープやヨーグルトなどにもおすすめです

 ▲スープも食べやすい広めの口

■繊細な見た目にしっかりボディのグラス

しっくりと手に収まりのよい丸みに、どこかやわらかいシルエットは手仕事ならでは。触ってみると、繊細な見た目なのにしっかりと肉厚で、とても安心感があります。


▲丸く口当たりのよいカップの縁

手づくりのため、ひとつひとつ表情に個性があるグラス。使う度に愛着が増していきそうです。

▲どこか手仕事のぬくもりを感じるシルエット

使い終わったらきれいに拭き上げてきちんと片付けたい、そんな気持ちになります。

▲リネンで丁寧に拭きあげてツヤツヤに

 

シンプルなデザインだからこそ、暮らしの定番として長く大切に使っていきたいWASHIZUKA GLASS STUDIOのガラス。ご自宅用に限らず、贈りものとしてもきっと喜ばれます。



関連記事


《つくり手ファイル》そこになじむガラスの器 /ガラス作家鷲塚貴紀さん

SHOPPING MEMO


素材:ガラス
色:clear
サイズ:直径約110mm×高さ約70mm
※手作業で制作しているため、色・形に多少の個体差があります。また、気泡や細かな傷、細かな黒点が入る場合があります。
※食洗機、電子レンジ、オーブンは使えません。
※耐熱ガラスではありません。熱湯をいれると割れる可能性がありますので、ご注意ください。
※画面表示の色は、ご利用の環境等により実際の色と多少異なる場合があります。