Envelope Select|[FREEMAN--B]フードつきショルダーストール

冬の着こなしを豊かにする、カシミヤのフードつきストール

循環する素材で、環境や自然に優しいカシミヤアイテムをつくる「 FREEMAN--B(フリーマン)」。フード、ストール、セーラーカラーのような襟が一つになったアイテムをご紹介します。

グレー SOLD OUT
チャコール SOLD OUT

■いつものコートにカシミヤのあたたかさを添えて

首や耳をあたためるために生まれた、フード付きのストール。カシミヤのあたたかさはもちろん、遊び心あるデザインは、似たような装いになりがちな秋冬のコーディネートの印象をがらりと変えてくれます。セーラーカラーのような襟部分とフード、くるりと巻けるちょうどよい長さのストールが一つになっています。セーラーカラーの部分は後ろの肩部分をあたためてくれるだけでなく、出して見せても素敵。▲もちろんフードとして被っても

いつものコートを着て家を出る。その一歩手前で装いの印象を変えたり、あたたかさを添えることができる、楽しくて嬉しいアイテムです。

■着こなしに寄り添う2色と、ポイントになるレッド

カラーは、柔らかさとマニッシュな雰囲気を併せ持つグレー、冬に映えるレッド、落ち着きながらも表情ある色で使いやすいチャコールの3色。グレーとチャコールは着こなしに馴染む万能な色で、レッドは冬らしさがありポイントになる色です。▲左からグレー、ミックスレッド、チャコール

どの色も原毛の段階で染め、何色かのわたを混ぜあわせることで表情のある色を表現しています。原毛から染めることでカシミヤへの負担が抑えられ、やわらかな肌ざわりが実現しています。

型崩れしにくいよう、太めの糸でしっかりと編み立てています。初めはしっかりとしていますが、徐々に柔らかく育っていきます。

▲グレー コート:[FREEMAN--B]ローブコート
▲ミックスレッド▲チャコール

■楽しみ方はいろいろ。気分に合わせて自由に

ストール部分は結ぶだけでなくアウターとトップスの間に一枚挟んだり、肩にかけてそのまま垂らすと、ジレを着ているような縦のラインが出て、すっきりとお使い頂けます。
▲ストール部分を垂らして


▲片方のストールを巻くとこんなかたち


とらわれない、自由、心地よい。そんなふうにいて……「FREEMAN--B」

カシミヤのなめらかな風合いとほんとうの心地よさを教えてくれる、フリーマンの服。
モンゴルで育つカシミヤ山羊たちの美しさをそのままいかし、服づくりを行っています。フリーマンが大事にしているのは、「心に沁みとおる、自然な色合い」。

原料は環境にストレスを発生していない環境から選び、漂白せず、原毛そのまま染めるときはできる限り天然染めを選びます。


モンゴルの遊牧民が育てたカシミヤ山羊は、ミネラルの豊富な土地の草を食べているため、人工的に手を加えなくても、あたたかく柔らかい毛。こだわりの着心地を服づくりの現場と協働し実現しています。
撮影 @mayanoue

FREEMAN--B」フリーマンという名の由来は、とらわれない、自由、心地よいという意味からFreeとManを組み合わせています。

地球環境に目を向け、流行にとらわれず自分らしく生きる。そんな選択をする人々のために、フリーマンは服をつくります。


■関連記事 

《つくり手ファイル》深い結びつきが生む、あたたかなカシミヤのニット/FREEMAN--B 柿岡恵さん
コラム:インナーにカシミヤニットを!着方と洗い方、お教えします

 ●写真提供:FREEMAN--B(17、18枚目)

SHOPPING MEMO


素材:カシミヤ100%
サイズ:顔周り(ストール部分+フード部分+ストール部分 )約175cm、
    セーラー部分 幅 約42cm、長さ16.5cm ストール部分 幅21cm

※石油系溶剤による弱いドライクリーニングをおすすめします。
※液温は30℃を限度とし、手洗いすることも可能です。日陰の平干しをおすすめします。
※塩素系及び酸素系漂白剤、タンブル乾燥はご使用いただけません。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。

配送・ラッピング